スズキが超絶スポーツカー開発!? 欧州最大デザイン学校とコラボ その名も「ミサノ」

スズキが超絶スポーツカー開発!? 欧州最大デザイン学校とコラボ その名も「ミサノ」

 2021年4月29日(イタリア現地時間)、スズキ・イタリアはEVオープンスポーツのコンセプトカー「ミサノ(Misano)」を発表した。

 ヨーロッパ最大のデザイン学校「IED」とのコラボにより生み出され、イタリアの名サーキット ミサノ・ワールド・サーキットの名前を冠されたこのモデルをじっくりご紹介しよう。

※本稿は2021年5月のものです
文/ベストカー編集部 写真/SUZUKI
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】本文で載せきれなかった画像も掲載 IED×スズキのコンセプトカー「ミサノ」をギャラリーでチェック!


■スズキの2輪&4輪を一台で表現した タンデムシートのコンセプトカー「ミサノ」

 2021年4月29日、スズキイタリアから魅力的なデザインのコンセプトEVカーが発表された。名前は「ミサノ」。

 ミサノのデザインは、日本のカーデザインの哲学とイタリアの伝統である情熱、スタイル、楽しさを織り交ぜたとしている。

 MotoGPのサンマリノGPで使われる「ミサノワールドサーキット」が名前の由来だ。

まるでバイクのようなタンデムシート方式のスズキのコンセプトカー「ミサノ」
まるでバイクのようなタンデムシート方式のスズキのコンセプトカー「ミサノ」
サイズは全長4000mm、全幅1750mm、全高1000mm、ホイールベース2600mmとコンパクト。スズキらしさはサイズにも表れている
サイズは全長4000mm、全幅1750mm、全高1000mm、ホイールベース2600mmとコンパクト。スズキらしさはサイズにも表れている

 このコンセプトカーはヨーロッパ最大級のデザイン学校「IED」との共同デザインで、24人の学生による論文プロジェクトの成果という。

 コンパクトで機能的かつ、エレガントでスポーティなデザインを実現。

 特徴的な左右非対称のタンデムシート2シーター、バイクのような操縦桿、濃紫にアクセントのカッパーカラーの映える魅力的なEVスポーツカーに仕上がった。

 サイズも全長4000mm×全幅1750mm、全高1000mmとコンパクト。

バイクのようなウインドシールドを運転席前方に装備。ソフトトップのないルーフレスだ
バイクのようなウインドシールドを運転席前方に装備。ソフトトップのないルーフレスだ
運転席は車体やや左に配置している点がユニーク。右側はバッテリーパックとトランクスペース
運転席は車体やや左に配置している点がユニーク。右側はバッテリーパックとトランクスペース

 コンパクトで遊べるスポーツカーが欲しい人にはたまらないサイズ感なのもスズキらしくていい。

 ミサノは2021年5月15日から6月6日まで、イタリア・トリノにあるトリノ自動車博物館(MAUTO-Museo Nazionale dell’Automobile)にて展示された。

 スズキさん、普通の2シーターにデザインを変更して、スイスポの1.4Lターボエンジンとソフトトップを搭載して売ってもらえませんかね…!!?

ステアリングホイールではなく、まるでバイクのような操縦桿を装備する点もユニークだ
ステアリングホイールではなく、まるでバイクのような操縦桿を装備する点もユニークだ

【画像ギャラリー】本文で載せきれなかった画像も掲載 IED×スズキのコンセプトカー「ミサノ」をギャラリーでチェック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します