サーキット指向の最強4WDをBMW M3とM4に投入!


 近年、高性能モデルの4WD化を積極的に進めているBMWだが、その流れは、フラッグシップスポーツであるMハイパフォーマンスモデルも同様だ。今回、新たに「M3セダン」と「M4クーペ」、そして「M4カブリオレ」に、Mスペシャルチューンの4WDシステムを搭載したモデルを投入した。

 これにより、M3セダンとM4クーペは、新世代Mモデルのなかでは、FRと4WDが選択できる珍しい存在となっている。FR仕様との違いを含め、新バージョンとなる4WD仕様について紹介しよう。

 【画像ギャラリー】新たな魅力を手にしたBMW M3・M4シリーズ

文/大音 安弘、写真/BMW


M xDrive搭載のM3とM4がデビュー

 BMWは、2021年9月3日、BMWのMパフォーマンスモデルの「BMW M3セダン」と「BMW M4クーペ」に4WDモデルの追加。さらに同年9月10日に、新たに「M4カブリオレ」の導入をそれぞれ発表した。

 4WD車仕様の価格は、M3セダンが1354万円~1466万円。M4クーペが1378万~1490万円。そして新登場のM4カブリオレは、モノグレードとなり、1433万円となる。

BMW M3とM4の4WDモデルを追加するとともにM4カブリオレも仲間に加わった

コンペティションがベースに!

 すでに導入ずみであったM3とM4は、FR仕様がベース。M4クーペのみ、6速MT仕様のスタンダード仕様が設定されているが、それ以外は、すべてAT「8速ステップトロニック」を搭載し、エンジン性能の強化などを加えた「コンペティション」となる。新導入となる4WD車の仕様も「コンペティション」に準ずるものだ。

 コンペティションの最大の特徴となる3.0L直列6気筒DOHCターボエンジンは、最高出力510ps/6250rpm、最大トルク650Nm/2750~5500rpmを発揮。このスペックは、カブリオレも含め共通。また、M3セダンとM4クーペに設定されている、よりサーキット指向を強めた「トラックパッケージ」も選択可能だ。

 このパッケージでは、運動性能をより高めるために先進の運転支援機能が非搭載となり、約25㎏の軽量化を実現。さらにMカーボンセラミックブレーキやMカーボンバケットシートなどサーキット走行を重視したアイテムも標準化される。

4WD仕様でも、エンジンスペックはコンペティションと共有となる

次ページは : なんとFRにもなるM xDrive

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ