BMW高性能モデルの主役「M3/M4」が日本導入開始!!

BMW高性能モデルの主役「M3/M4」が日本導入開始!!

 多くのクルマ好きから愛されるBMWのMモデル。その中でも特に熱心なファンを持つのが、3シリーズと共に進化を続けてきた「M3」だろう。その最新モデルが、ついに日本上陸を果たした。

 先代3シリーズよりクーペが独立し、「4シリーズ」へと昇格したことで、新たに「M4」というボディ違いの兄弟を持つことになったが、最新世代でも、そのいずれもが日本導入されるのは朗報である。

 アクの強さで賛否を呼んだ大型の新キドニーグリルを備えた新型M3/M4の日本仕様についてお届けしよう。

文:大音 安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】BMW MハイパフォーマンスモデルのM3/M4の全て


高性能であり、最先端なM

 BMWは、2020年1月26日、BMWの高性能モデルであるMハイパフォーマンスモデルの最新作「M3」及び「M4」の発売を発表した。価格は、1298万~1460万円となる。

 BMW M3セダンとBMW M4クーペは、3シリーズセダンと4シリーズクーペの性能と価格の両面で頂点に位置するフラッグシップスポーツだ。その守備範囲は、公道からサーキットまでと幅広い。

 つまり、標準車でもサーキット走行を楽しめる性能を備えている特別なモデルであり、そのライバルとなるのは、世界の一流スポーツカーたちだ。

Mの中核的モデルでもあるM3とM4
Mの中核的モデルでもあるM3とM4

個性的なマスクの意味するものは!?

 新型M3とM4で最も注目されるのは、新しい縦長のキドニーグリルによる個性的なスタイリングだろう。4シリーズで初採用された縦長のキドニーグリルだが、水平基調のダブルバーを採用した専用デザインに改められる。これはエンジン冷却性能を高めるのも狙いだ。

 サイドビューは、ワイドトレッド化によるブリスターフェンダーに加え、フロントフェンダーのサイドギル、ツインアームのドアミラーなどが特別感を演出。

 さらにリヤビューは、迫力の4本出しのMスポーツエキゾーストとディフューザーの組み合わせが、低重心と安定感ある走りを予感させる。

癖のあるキドニーグリルは、迫力だけでなく、エンジン冷却性能の向上も大きな目的だ
癖のあるキドニーグリルは、迫力だけでなく、エンジン冷却性能の向上も大きな目的だ

二つの味付けを持つ直6ツインターボ!

 新型Mのパワーユニットには、従来型同様に3.0L直列6気筒DOHCツインターボエンジンが採用されるが、その性能は大幅に向上されている。標準仕様は、最高出力480ps/6250rpm、最大トルク550Nm/2650~6130rpmを発揮。これに6速MTが組み合わされる。

 上位仕様となるコンペティションは、最高出力510ps/6250rpm、最大トルク650Nm/2750~5500rpmを発揮し、その差は最高出力で30ps、最大トルクで100Nmにも及ぶのだ。トランスミッションは、8速DCTのMステップトロニックのみとなる。

BMW伝統のシルキー6は、最大510psを叩き出す。従来型コンペティション比だと70psもの差となる
BMW伝統のシルキー6は、最大510psを叩き出す。従来型コンペティション比だと70psもの差となる

次ページは : 日常性能も犠牲としないM

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ