ケータハムセブン170が日本上陸 初期モデルに最も近い軽セブンが復活!


 英国のライトウェイトスポーツカー「ケータハム セブン」に、日本のスズキ製660㏄ターボエンジンを搭載した軽セブンが復活を果たした。

 新型車「セブン170」は、初期セブンの精神を受け継ぎ、「簡素化と軽量化」を重視して開発されており、究極のピュアライトウェイトスポーツカーが目指された。従来型との違いを含め、新型セブンの特徴をお伝えしよう。

文/大音 安弘、写真/ケータハムカーズ・ジャパン

【画像ギャラリー】バージョンアップした軽セブン!ケータハムセブン170を見よ


■バージョンアップされた軽セブン

 ケータハムカーズ・ジャパンは2021年9月23日、ケータハムの新型車「セブン170」を発表し、同日より販売を開始した。価格は、539万~561万円となる。

復活を果たした軽セブンの新シリーズ「セブン170」が日本上陸

 新型車を紹介する前に、先代モデルに相当する「セブン160」について簡単に紹介したい。2013年12月1日にセブンのエントリーモデルとして発売された「セブン130」は、スズキ製660㏄エンジンと初期型のロータス セブンと同等のボディが大きな特徴であった。

 登場間もない2014年3月10日には、性能向上を図った「セブン160」へと切り替えられている。英国では、当初よりスズキ製660㏄エンジン搭載のセブンにはいくつかのスペックが設定されていた。

 しかし、日本では軽自動車登録を前提としていたため、軽自動車のボディサイズとエンジンの性能を国内メーカーの自主規制と合わせた64ps仕様としていた。が、少量生産の輸入車はこれに該当しないことから、セブン130は市販前にセブン160に統合されている。

スズキ製660㏄エンジンを積んだセブン160は大いに人気を呼んだ。当時の発表会には、ケータハムF1チームに加入した小林可夢偉選手も登壇

 新車のケータハムとしては安価で、セブンとしては扱いやすく、しかもライトウェイトスポーツカーの魅力満載だったセブン160は日本でも大好評に。欧州でも高い評価を得たと聞く。

 しかし、2018年には生産終了を発表され、その後の展開が注目されていた。その復活となるのが、今回の主役、セブン170というわけだ。

■原点回帰となる簡素化と軽量化を尊重

 軽セブンは、ロータス・セブンの初期型の精神を受け継いでおり、ライトウェイトスポーツカーの魂である「簡素化と軽量化」に重きを置いている。新型となるセブン170では、それを忠実に再現するために、最軽量仕様の乾燥重量は、わずか440㎏しかない。このため、パワートゥウェイトレシオは、193ps/tにもなる。

 まずは簡単なスペックを紹介しよう。ボディサイズは、軽自動車規格内に収まる全長3100×全幅1470×全高1090mmで、ホイールベースは2225mmを確保。最低地上高は、100mmと低い。

 エンジンは、スズキ製660㏄3気筒ターボエンジンで、最高出力85ps/6500rpm、最大トルク116Nm/4000~4500rpmを発揮。最高速度は168km/hで、0-100km/h加速は、6.9秒と公表されている。ちなみに燃料のオクタン価は95なので、日本ではハイオク指定となる。

 トランスミッションは5速MTのみ。足回りは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクライブアクスルを採用。ブレーキは、フロントがソリッドディスク、リアがドラムブレーキとなる。タイヤサイズは、前後とも155/65R14を装着している。

 セブン160の経験を反映し、改良が加えれた部分もあるとみられるが、アナウンスされた改良点は新しいアロイホイール、リアLEDテールランプ、新ストライプデザインの3点と、Rグレードの新設定が挙げられている。

最もオリジナルに近いセブンが、この軽セブン。エントリーモデルのシグマ1600ユニット搭載車であっても、軽量なセブンだとかなり高性能なのだ

次ページは : ■ロードとサーキットの2タイプを用意