大注目!! 次期型WRX STI公開か!? 東京オートサロン2022スバル出展情報!


 スバルとSTIは12月23日、2022年1月14~16日まで開催される「東京オートサロン2022」への出展内容を明らかにした。今回の目玉は、今後のカーボンニュートラル時代を見据えたモータースポーツ車両のスタディモデル、「STI E-RA CONCEPT」のワールドプレミアだ。新しい形の「スバルのスポーツ」を強烈にアピールする!

 また、当日の会場には事前に情報が出ていないモデルのサプライズ出展も予定されているのだ。もしかすると次期型WRX STIの可能性もあり、これは見逃せない出展内容だ!

文/ベストカーWeb編集部、写真/スバル、中島仁菜、平野 学、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ついに次期型WRX STI公開!? 東京オートサロン2022スバル出展情報を写真でチェック!!(12枚)画像ギャラリー

■新しい形のスポーツモデル、STI E-RA CONCEPT!

●STI E-RA CONCEPT(ワールドプレミア)

 STIが「カーボンニュートラル時代に向け、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と鍛錬を積むことを目的に新プロジェクトを立ち上げ、当プロジェクトで開発を進めてきた」と発表したスタディコンセプトモデル。

 公開されたティザー画像を見ると、フロントマスクにはスバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic×Solid」に「Bolder」を加え、スバルの象徴的なアイコンである水平対向(BOXER)のピストンをかたどったコの字型ヘッドライトが浮き上がっている。グリル中央にはチェリーレッドのSTIエンブレムが鎮座している。

 このコンセプトモデルにEの文字が入っていることで、ソルテラで採用された電動化の技術が入ることは間違いないだろう。また、RAという名には歴代レガシィやインプレッサWRX STIに設定されてきた競技仕様を見越したグレード、Record Attempt(記録への挑戦)という意味が込められている。

●WRX S4 STI performance CONCEPT

WRX S4 STI performance CONCEPT。鮮やかなチェリーレッドのフロントからサイド、リアにかけてのアンダースポイラー、巨大なリアスポイラーが特徴的だ

 すでに発表された新型WRX S4のトップグレード、STI Sport EXをベースにチェリーレッドのアンダースポイラーなどSTI製パフォーマンスパーツを装着した参考出品車。カーボン製のリアスポイラーやパフォーマンスマフラーを装着し、一体感を向上させたコンセプトモデルだ。

●レヴォーグSTI performance CONCEPT

 ベースとなっているのは先日レヴォーグに追加された2.4Lターボ車のSTI Sport EXグレードで、前述したWRX S4と同様にチェリーレッドのアンダースポイラーやパフォーマンスマフラーなどSTI製パフォーマンスパーツを装着したコンセプトモデル。

●BRZ STI performance

 BRZのSグレードをベースに、STIパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル。

●BRZ GT300 2021

 今シーズンのSUPER GT300クラスを制したシリーズチャンピオンマシン(井口卓人/山内英輝組)も特別展示。スバル車としては悲願となる初のスーパーGTタイトル獲得マシンとなった。

■サプライズカーは新型WRX STIか!?

 スバルとSTIから発表された画像は全部で4枚あるのだが、そのなかで注目したいのはブース全体のイメージパースの画像だ。発表されているのは5台なのだが、イメージパースを見るとベールのかかったモデルが2台あるのだ。1台はワールドプレミアされるSTI E-RA CONCEPTだろうが、もう1台あるのにお気づきだろうか?

スバル&STIの東京オートサロンブースイメージ。右側にベールを纏ったマシンが2台あるのがおわかりいただけるだろう

 これについてスバル関係者に聞くと、「内容についてはまだ言えませんが、当日のサプライズ発表モデルです。ぜひ会場で確認してください」とのことだった。これは……、ひょっとしたら次期型WRX STIなのかもしれない! オートサロン会場のスバルブースに注目だ!!

 また、1月14日の初日はSTIの2022年モータースポーツ参戦体制も発表される予定で、さらに東京オートサロン2022アンケートプレゼントとして新車のWRX S4 STI Sport EXが1台提供されるという。

【画像ギャラリー】ついに次期型WRX STI公開!? 東京オートサロン2022スバル出展情報を写真でチェック!!(12枚)画像ギャラリー