ダカールラリー閉幕! 日野チームは最終ステージで意地の走りをみせる!【ダカールラリー2022】

ダカールラリー閉幕! 日野チームは最終ステージで意地の走りをみせ完走!【ダカールラリー2022】

 1月1日にスタートしたダカールラリー2022も遂にジェッダの最終ゴールで幕を閉じた。今回はトラブルが相次いだ日野チームスガワラのHINO600シリーズも、最終のステージ12を15位で快調に走破! この結果、日野チームは累積順位22位に……。

 初めてハイブリッドシステムを搭載するなど、今回のダカールラリーは日野チームにとってチャレンジの年。前年より順位を下げたものの、明日につながる価値ある完走だった。

 いずれにしても日野チームの健闘を称えたい。本当にご苦労さまでした!

文/フルロード編集部・日野自動車・多賀まりお 写真/日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】ダカールラリー2022もフィナーレ。日野チームスガワラは明日につながる成果を残した(8枚)画像ギャラリー

ジェッダの最終ゴールに到着!

 ダカール2022は1月14日、サウジアラビアのビーシャ~ジェッダ間で最終のステージ12を実施してジェッダの最終ゴールに到着。海岸沿いのF1サーキットでポディアムセレモニーが行なわれて14日間の大会の幕を閉じた。

 ハイブリッドシステムを搭載したHINO600シリーズでトラック部門に参戦した日野チームスガワラは、166.57kmの最終SS(競技区間)をトラック部門総合15位で走破し、累積順位のトラック部門総合22位で完走。日野自動車にとって1991年の初参戦以来となる31回完走を果たした。

最終ステージは166.57kmと短めのSSながら、ワダチの多いナビゲーションのむずかしいコース

 この日はビーシャのビバークから230kmのリエゾン(移動区間)でビーシャの北方へ移動。166.57kmの最終SSは内陸の山間地が舞台となった。

 序盤の路面は小さい山の間を越えて行くグラベル(堅い土の路面)だったが、やがてたくさんのワダチがある丘陵に変化。頻繁に指示が変わるカップ(方位)に対応しながら正しいワダチを見つけてトレースする、ナビゲーションのむずかしい区間となった。

 終盤になると路面は砂地となり、ソフトなワダチやワジ(枯れ川の底)を通過してゴール。距離は短いが石によるパンク、またスタックの可能性もあるリスキーなコースだった。

 SSを終えた競技車は再び286.26kmのリエゾンを走り、最終ゴール地であるジェッダに到着した。

ジェッダのゴールポディアムに上がったHINO600シリーズ
累計総合で優勝を果たしたのは、前回大会でも総合優勝のカマズのドミトリー・ソトニコフ組。最終ステージを含めた各SSを5回1位で通過するという圧倒的強さをみせた

最終ステージ12は快調に走破! 累積順位は22位に!

 昨日の競技中にオートマチックトランスミッションのトラブルに見舞われたHINO600シリーズは、ビーシャのビバークでミッションを交換して復旧。

 一昨日の電気系トラブルに続いて大幅なタイムロスとなったが、チームはひとつでも順位を上げてジェッダにゴールするべく、集中力を高めてこの最終SSに臨んだ。

 昨日までの不具合を解消したHINO600シリーズは快調な走りを見せ、ナビゲーションがむずかしい区間もミスなくクリアして総合15位でゴールした。

 今大会のゴールセレモニーは海岸沿いの観光スポット、昨秋F1GPが初開催されたばかりのジェッダ・コーニッシュ・サーキットが会場となった。

 コース上に大きなゴールポディアムが設営され、トラックを含む全完走車両が登壇する。日野チームがポディアムに到着したのは午後8時過ぎ。

 大きな鯉のぼりを取り付け、ルーフ上にメカニックたちを載せたHINO600シリーズで登壇した菅原照仁/染宮弘和/望月裕司の3人は観客の歓声に手を振って応えていた。

31回目の完走を果たし、喜びを分かち合う日野チームスガワラ

次ページは : 日野チームのメンバーのコメント