アルファード 対 エルグランド…ライバルがいたからこその名車が誕生5選


■ムーヴという好敵手があったからこそ、ワゴンRの進化が加速した……

名車/初代ワゴンR(1993年9月)

デビュー当時の3ドアのワゴンR。車名が決まりかけていた時、鈴木修会長の「アルトもあるけどワゴンもあ〜る」のひと言がきっかけでワゴンRという車名になった

ライバル/初代ムーヴ(1995年8月)

イタリアのカロッツェリア、I.DE.A.がデザインしたムーヴ。上質なインテリアと乗り心地がこれ以降のムーヴの個性となる。このムーヴの存在がなかったら今のワゴンRはなかっただろう

1990年春、軽自動車は安全性と快適性の向上を目指し、規格を改正した。排気量を550ccから660ccに引き上げ、ボディサイズも拡大している。全長は100mm延びた。

47万円の低価格で売り出し、アルトをヒットさせたスズキのエンジニアは、RVのようにマルチに使えるワゴン感覚の便利なクルマを軽自動車で実現すれば多くの人が欲しがるのでは!?と、考えた。

4人が快適に座れるようにボンネットを切り詰め、背も高くしている。トールデザインの台形フォルムとし、室内高は1300mm以上を目指した。荷室も広くできる。ワゴンRは1993年9月に鮮烈なデビューを飾った。ユニークなのはドアだ。運転席側が1枚、助手席側は前後2枚の変則3ドアとしている。

その2年後の1995年8月、ワゴンRを追ってダイハツがムーヴを送り込んだ。こちらもトールデザインの台形フォルムを採用し、ドアはワゴンRにはない一般的な5ドアである。デザインはイタリアのカロッツェリア、I.DE.Aである。

バックドアはハッチゲートではなく、狭い場所で開け閉めしやすい横開きとし、ハイマウントストップランプも組み込んだ。

エンジンはワゴンRがSOHCであるのに対し、DOHCで、ターボは64psを達成。FF車は乗り心地のいい4輪独立懸架だ。1996年5月には運転席にエアバッグを標準装備し、ATも上級クラスと同じ4速タイプにする。

ワゴンRは爆発的に売れ、わずか3年で50万台販売の偉業を達成したが、この手強いライバルの出現に対抗策を講じている。

スズキは1996年4月、利便性を高めた5ドアを4月に特別仕様車として登場させ、圧倒的な人気を得たことを確信すると8月には正式なカタログモデルとして追加。1097年4月には新開発のDOHCエンジンや4速ATを投入したのだった。

質感の高さを売りにするムーヴが登場しなかったら、ワゴンRはここまで大きく進化させることはなかったはずだ。今日まで、宿命のライバル関係が続いているのはご存じのとおり。

96年8月にカタログモデルになった5ドアのワゴンR。もしムーヴの登場がなかったら……

■パクったウィッシュが出てこなかったら、2代目の進歩は遅かったかも……

名車/初代ストリーム(2000年10月)

背が低いスポーティさと3列7人乗りのパッケージングで一躍、人気ミニバンとなった初代ストリーム

ライバル/初代ウィッシュ(2003年1月)

ストリームとまったく同じボディサイズで登場し、アッと言わせた初代ウィッシュだったが、トヨタの販売力もあり、あっという間にストリームを駆逐した

2000年10月、ホンダはフラットフロアでユーティリティに優れた7代目シビックのプラットフォームを用いた7人乗りのミニバン、ストリームを発売した。5ナンバーサイズに収めているが、背を低くした低重心設計で、ワゴンと互角の気持ちいいハンドリングを実現している。

パワートレーンは可変バルブタイミング&リフト機構を採用した1.7Lの直列4気筒SOHC VTECと2Lの直列4気筒DOHC i-VTECだ。

もちろん、FF車だけでなくデュアルポンプ式のフルタイム4WDもある。ワゴン感覚でスポーティな走りを楽しめ、いざというときは7人が乗れるストリームは、ミニバン嫌いのユーザーも取り込んで大ヒットした。

2003年1月、トヨタは刺客としてウィッシュをデビューさせている。そのコンセプト、パッケージングはストリームをそのままパクったのだった。

こちらも気持ちいいハンドリングのドライバーズミニバンで、全長4550㎜、全幅1695㎜、全高1590㎜とした。なんと、ボディサイズはストリームとまったく同じなのである。ただし、ホイールベースは2750㎜と、30㎜長い。

エンジンは1.8Lの直列4気筒DOHCに加え、直噴のD-4技術を盛り込んだ2Lの直列4気筒DOHCを投入する。トランスミッションも一歩先を行くスーパーCVTだ。ウィッシュは発売されるや人気者となり、ストリームの販売を大きく落ち込ませた。

2003年9月、ストリームは大がかりなマイナーチェンジを行い、フロントマスクを変更。この時、キャッチコピーで「ポリシーはあるか。」と応酬したのである。

初代ウィッシュがデビューした後、ストリームがマイナーチェンジ。その時のキャッチコピーが「ポリシーはあるか」。相当、ウィッシュに対してホンダが怒り心頭なのかわかる

それまでライバルのいなかったストリームにとっては苦難であり、迷惑であった。が、ウィッシュが登場したおかげで、その後のクルマ作りに変化が生まれ、これを糧にした2代目が登場し、ウィッシュから人気を取り戻したのである。まさに臥薪嘗胆である。

ちなみにその後の末路を加えておく。ストリームは2014年6月、ウィッシュは2017年10月に販売を終了している。世にも珍しい、儚きライバル対決であった。

 

次ページは : ■初代エルグランドがいたからこそ、アルファード/ヴェルファイアが大ヒット!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ