アルファード 対 エルグランド…ライバルがいたからこその名車が誕生5選


もしも、ライバル車がいなかったら、その名車は生まれなかった。そのライバル車があったからこそ、ライバル車を越えるために、切磋琢磨し、名車となりえたのである。そう、名車誕生の裏には、ライバル車の存在が不可欠なのである。かつて日本車市場には、多くのライバル関係が存在していた。ライバルより少しでも速く、少しでも広く、少しでも安く。その競争心こそが、日本を世界随一の自動車大国へと育て上げた。

そんな名車とライバル車との関係を片岡英明氏が解説していこう。
文/片岡英明
写真/ベストカー編集部


■セリカの挑発がなかったらターボ搭載はなかった!

名車/C210型スカイライン(1977年8月)、通称スカイラインジャパン

1979年のマイナーチェンジでスポーティはGT系グレードに角形異型ヘッドランプを採用し、1980年には待望のターボエンジン搭載車がデビュー

ライバル/2代目セリカ(1977年8月)

トヨタはセリカにスポーティなイメージを植え付けるべくツインカムエンジンを搭載した2000GTラリーを投入

1970年代に大人のスポーツモデルとしての名声を不動のものとしたスカイライン。その主役は、L20系の2L直列6気筒SOHCエンジンを積む2000GTシリーズだ。トヨタに直接のライバルは存在しなかった。

が、強いて挙げればスペシャリティカーのセリカである。この2車は、奇しくも1977年8月、同時にモデルチェンジし、スカイラインは5代目のC210系、通称「ジャパン」に、セリカは2代目のA40系に生まれ変わった。

セリカが真のライバルとして注目されるようになるのは2年後の1979年だ。9月にセリカはマイナーチェンジを実施し、2Lの18R-GEU型直列4気筒DOHCエンジンを積む高性能な2000GTラリーを投入した。

使ったキャッチコピーが「名ばかりのGTは道を開ける、ツインカムを語らずに真のGTは語れない」である。排ガス規制で骨抜きにされ、DOHCエンジンを持っていないスカイラインを揶揄し、挑発したのだ。このコピーを見て、スカイラインの開発責任者だった櫻井眞一郎さんは激怒したという。

ツインカムエンジンを搭載して登場した2代目セリカ。この挑発的なキャッチコピーは世間をあっと言わせた

日産が反撃に出るのは、半年ほど後の1980年4月だ。スカイラインはL20E型直列6気筒エンジンにT03ターボを装着し、セリカのDOHCエンジンを凌ぐパワーとトルクを手にしたのだ。ジャパンターボはバンパーの左側に逆文字で「TURBO」のロゴを刻んだが、これもスカイライン党を喜ばせた。

そして広告のコピーでは「今、スカイラインを追うものは誰か」と応酬したのである。

1964年5月、第2回日本グランプリに参戦したスカイラインGTは、ポルシェ904と白熱したバトルを繰り広げ、破れた。しかし、日産は切磋琢磨し、新設計の高性能エンジンを積むGT-Rを生み出している。

5代目のスカイラインにもセリカというライバルが存在した。もしセリカが挑発しなければ、ターボも生まれず、エンジンも平凡なSOHCのまま終わってしまったかもしれない……。

■よきライバル、インフィニティがセルシオを大きくした!

初代セルシオ(1989年10月)

すべて原点に返って作られるという源流主義によって誕生した初代セルシオ。今のレクサスにも受け継がれている思想だ

ライバル/初代インフィニティQ45(1989年11月)

主に北米で展開するインフィニティブランドのフラッグシップとして登場したQ45。レクサスと違い、残念ながら日本での展開はなし

1980年代、日本は世界有数の自動車大国に成長し、海外でもすこぶる評判がよかった。だが、世界が認める高級セダンは、意外にもなかったのだ。

そこでトヨタと日産は、世界が認めるグローバル・プレミアムセダンの開発に乗り出している。高級車市場で成功させるため、新ブランドと新しいチャネルも構築した。

トヨタはレクサスを、日産はインフィニティを立ち上げ、ひと足早く北米で販売を開始する。そのフラッグシップがレクサスLS400であり、インフィニティQ45だ。

LS400は、日本ではトヨタ店とトヨペット店が扱うため、セルシオのネーミングを名乗り、1989年10月にデビューした。日本らしい「おもてなし」の精神と多くの新機構、最先端テクノロジーをふんだんに盛り込み、快適性のレベルも1ランク引き上げている。

エンジンはアルミ製の4LV型8気筒DOHCだ。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーンで、電子制御エアサスのほか、ピエゾ素子を用いた電子制御サスペンションも用意した。

源流対策を徹底し、ヤマハが手がけた精緻なウッドパネルや自発光式のオプティトロンメーターも注目を集めている。

その1カ月後に販売を開始したインフィニティQ45は、日産が威信をかけて開発し、送り出した究極のプレステージセダンだ。

新開発の4.5LのV型8気筒DOHCエンジンや4輪マルチリンクに世界初の油圧アクティブサスペンションなど、ハイテクの塊だった。デザインは前衛的だが、七宝焼きのエンブレムや会津塗りのココン塗装など、和のテイストにもこだわっている。

お互い、ライバルを強く意識し、最初の段階から全く違う味わいのクルマを企画し、開発を行った。両車は次元の違うレベルまで性能と快適性を追求し、その実現を目指している。

販売面ではセルシオがインフィニティQ45を圧倒した。が、世界一の洗練されたドライブトレーンを生み出そうと頑張ったインフィニティQ45の至高の走りと時代の先を行く革新技術の数々は、セルシオのエンジニアに衝撃を与えている。

セルシオは丸4年でモデルチェンジを敢行し、2代目は張り合ってスポーティ度を大幅に高めた。

競い合って新世代の最高級セダンを作り上げたからこそ、名門メルセデスベンツやBMW、キャデラックなども負けまいと奮起し、クルマづくりの革新を行ったのである。

次ページは : ■ムーヴという好敵手があったからこそ、ワゴンRの進化が加速した……