緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol02.ロシアのクルマたち編

緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol02.ロシアのクルマたち編

 現状世界を敵に回している国、ロシア。以前ロシアを訪れたモータージャーナリスト・小林敦志によれば、首都モスクワでは“西側諸国”の新車が走るいっぽうで、ソビエト時代に製造されたロシア車や、中国車も見かけたという。

 全世界から流入する中古車も加わり、その様子は“カオス”。そして、話をすればクルマ好きがすぐに伝わってくるロシア人。

 いつかまた、平和のもとで楽しくクルマ談議できる日々が訪れることを心から願って、3月25日発売の『ベストカー』本誌より小林氏がモスクワで見聞きしたトピックを3回に分けて緊急配信! 第1回はロシアの「政治と生活とクルマ」にスポットを当てる!

■配信予定とトピックラインナップ
●Vol01. 政治と生活とクルマ編(2022年3月26日配信)→こちら!
●Vol02.ロシアのクルマたち編(本稿)
・ソビエト時代のクルマ事情
・ロシアブランド車はどんな感じか?
・もしや、ドラレコ装着率が高いかも!?
・ロシア製スーパーカーというのもあるんです
●Vol03.ロシアでみた日本のクルマたち編(2022年3月28日)→こちら!!


※本稿は2022年3月のものです
文・写真/小林敦志、AdobeStock
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】ロシア・モーターショーを彩る美女たちもご紹介! 「ロシアとクルマたち」をギャラリーでチェック!(19枚)画像ギャラリー

■ソビエト時代のクルマ事情

 初めてモスクワを訪れた時、ソビエト時代に製造されたロシア車について、「冬には乗らない人が多い」と聞いた。故障が多く、厳冬のロシアで故障すると“凍死”する可能性があるからという。

 それでも新車は買えないがクルマを必要とする人は多く、今も根強くソビエト時代のロシア車がモスクワでも走っている、という現状だ。

 ただ、アメリカ人以上に「自国のクルマ・ラブ」な人もいるようで、あえて乗っている人も多いようだ。

 筆者は最初訪れた際に帰国するためタクシー(当時はほぼ白タクしかなかった)をホテルに頼んだら、ソビエト時代のプロダクトモデル“ヴォルガ”が来て、感動して記念撮影してしまった。

 車内に乗り込むと独特の機械油の臭い(新車の時から臭う)が出迎えてくれた。後席から見ると運転手は昔のトラックのようにハードなギアチェンジを行い、直線なのに常にステアリングを左右に大きく動かしている。

 その様子を見ると、1960年代前期あたりの日本の風景にタイムスリップしたような気分になった。

筆者が乗ったヴォルガの“白タク”。ドライバーはジョージア人。運転の様子や乗り心地は昔のトラックのようであったのを今でも覚えている
筆者が乗ったヴォルガの“白タク”。ドライバーはジョージア人。運転の様子や乗り心地は昔のトラックのようであったのを今でも覚えている

次ページは : ■ロシアブランド車はどんな感じか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ