緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol03.ロシアでみた日本のクルマたち編

緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol03.ロシアでみた日本のクルマたち編

 現状、世界を敵に回している国、ロシア。以前ロシアを訪れたモータージャーナリスト・小林敦志によれば、首都モスクワでは“西側諸国”の新車が走るいっぽうで、ソビエト時代に製造されたロシア車や、中国車も見かけたという。

 全世界から流入する中古車も加わり、その様子は“カオス”。そして、話をすればクルマ好きがすぐに伝わってくるロシア人。

 いつかまた、平和のもとで楽しくクルマ談議できる日々が訪れることを心から願って、3月25日発売の『ベストカー』本誌より小林氏がモスクワで見聞きしたトピックを3回に分けて緊急配信! 最後となる第3回は「ロシアでみた日本のクルマたち」だ!

■配信予定とトピックラインナップ
●Vol01. 政治と生活とクルマ編(2022年3月26日配信)→こちら!
●Vol02.ロシアのクルマたち編(2022年3月27日配信)→こちら!!
●Vol03.ロシアでみた日本のクルマたち編(本稿)
・マークX、ではなくマークII
・新車販売脅かす輸入中古車たち
・日本発の働くクルマたち
・ミニバン大好き! 日本車の旧型ミニバンをよく見かけます


※本稿は2022年3月のものです
文・写真/小林敦志、AdobeStock
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】ロシア・モーターショーを彩る美女たちもご紹介! ロシア探訪の様子をギャラリーで疑似体験!(16枚)画像ギャラリー

■マークX、ではなくマークII

 筆者がソ連時代のモデルが多く展示されているレトロミュージアムで展示車両を見ていると、ロシア人男性が声をかけてきた。「マークIIはいいクルマだよね」と言ってきたので、「いまはマークX(当時)だよ」と返すと、「マークX?」と首をかしげていた。

 モスクワ市内ではマークIIだけでなく、チェイサーやクレスタをローダウンにしたチューニングカーに乗っている人を多く見かけた。

「VIPセダンを見に日本に行きたい」と話をした地元の人もいるほど、FRの日本のセダンは人気が高いが、中古車レベルの話なので、当時マークXはまだ“ノーマーク”だったようである。

これはクレスタのノーマル仕様だが、チェイサーやクレスタのチューニングカーも目立つ
これはクレスタのノーマル仕様だが、チェイサーやクレスタのチューニングカーも目立つ

■新車販売を脅かす輸入中古車たち

 日本に近いシベリアのウラジオストクが日本からの中古車で溢れているのは有名だが、そのウラジオストクから約1万km離れたモスクワでも右ハンドルの日本の中古車をよく見かける。で、中古車は日本からだけでなく、西ヨーロッパ、アメリカ、中国などからも活発に流入している。

 そのため例えば、日本、欧州、北米各地仕様のプリウスやパッソなどの各地域専売車など、ほぼ全世界のトヨタ車がモスクワ市内を走っている珍現象も。

 あまりの中古車の多さに新車販売を圧迫しているともいわれ、輸入規制の検討などもされるようだが、モスクワで「プーチンでも闇の勢力は抑えられない」と意味深な話を聞いたことがある。

 またモスクワの一等地でトヨタのWiLLブランドのサイファやViをオシャレなお姉さまが運転していたのを目撃したこともある(パイクカーは好まれそう)。

 ここ数年は、モスクワ市内でも日本での現行型の中古車を見かけることが多くなってきた。

マジェスタも含めクラウン系も大人気。モスクワでクラウンは多いが、マジェスタは珍しい!
マジェスタも含めクラウン系も大人気。モスクワでクラウンは多いが、マジェスタは珍しい!
悠々と走る旧型日産バネット。よく見ると左側には韓国の起亜、右側にはフランスのルノー。世界の中古車が集う
悠々と走る旧型日産バネット。よく見ると左側には韓国の起亜、右側にはフランスのルノー。世界の中古車が集う

次ページは : ■ミニバン大好き! 日本車の旧型ミニバンをよく見かけます

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ