知ってたらオジサン確定!? 若者にとっては死語のクルマ用語10選

知ってたらオジさん決定!? 若者にとっては死語のクルマ用語10選

 景気の動向、技術の進歩、世の中の流行など、クルマを取り巻く環境が目まぐるしく変わっていくなかで、一時はトレンドワードだったにも関わらず姿を消してしまったクルマ用語は多々ある。それらは、当時の流行を象徴したもの、技術の進歩とともに不必要となってしまった機能などさまざまだ。

 そこで今回は、一昔前は当たり前のように使っていた用語だったのに、現代の若者にとっては意味不明!? と言われかねない死語的なクルマ用語を振り返ってみよう。

文/入江凱、写真/トヨタ、ホンダ、日産、三菱、スバル、Mercedes-Benz、FavCars.com、NetCarShow.com、写真AC

【画像ギャラリー】若者世代はきっと知らないクルマ用語はいっぱい!(14枚)画像ギャラリー

技術の進歩とともに姿を消した「メカニズム用語」

■キンコン(速度警告音装置)

 今ではほとんど見ることがなくなった装備のひとつが速度警告音装置、通称「キンコン」だ。これは普通車で100km/h以上、軽自動車で80km/h以上の速度になると「キンコン、 キンコン 」と車内に警告音を発生させるというもの。

 1974年以降、1986年に撤廃されるまで車両の保安基準として装着が義務付けられていた。もともと は当時の車両の高速走行性能が成熟していなかったことや、警察による速度取り締まりの関係で義務付けられていたと考えられている。

 後の法規制廃止の詳細は明らかにされていないが、海外自動車メーカーから日本独自の保安基準であり、非関税障壁になっているとの反発を受けたことが大きな要因とも言われている。

■オーバードライブ

 少し前までAT車のシフトレバー脇にはロックを解除するボタンとは別にオーバードライブのオン/オフを切り替えるスイッチが装備されている車両があった。

 オーバードライブとは簡単に言えば巡行時に高いギアを使用することで速度を保ちながら低い回転数で走行する状態のことで、通常時はオンの状態になっている。これをオフにすることで低いギアのみを使用、エンブレの利きが良くなり、鋭い加速ができる状態になる。

 主に長い下り坂や高速道路など、フットブレーキを多用することが適さない場合や、素早い加速が求められる状況で使用する機能となる。

 MT車とは異なり、任意のギアにチェンジできないAT車に採用されていた機能だが、日本で主流となったCVTにはそもそもギアがない。さらに、シフトレバーを左右に倒してマニュアル操作するMシフトや、パドルシフトといった別の形で変速比をコントロールできる装備が普及したこともあってオーバードライブスイッチは静かに姿を消していった。

■キャブレター

 ガソリンエンジンは霧状にしたガソリンと空気を混ぜ合わせた混合気に着火して爆発させなければならない。これを電気やコンピュータを使用せず、機械的に行う装置がキャブレター(気化器)だ。

 構造がシンプルなので自分で燃料の濃さなどを自分で調節できたが、一度決めた設定を走行中に変更することができなかった。

 そして、自動車技術の進歩とともに、状況に合わせてコンピュータが適切に濃度を調整した混合気を噴射するインジェクションが主流となり、キャブレターは姿を消すこととなった。

■チョーク

 前述のキャブレターの弱点は、気温や気圧といった環境の変化に弱く、冬場などはエンジンがかかりにくくなることだ。そんな時に使用していたのがチョーク(チョークレバー、チョークノブ)。

 チョークを引くとキャブレターの中の弁が閉まり、キャブレターの取り込む空気の量が少なくなる。すると燃料が濃くなり、着火しやすくなることで冬場でもエンジン始動がしやすくなるというしくみだ。

 70年代半ばからはキャブレター搭載車でもドライバーが手動で操作する必要のないオートチョークが採用されはじめ、次第にチョークを搭載しているクルマは減っていった。インジェクションの普及とともに、チョークは完全に姿を消すこととなった。

知ってたらオジさん決定!? 若者にとっては死語のクルマ用語10選
キャブレターは外部環境の影響を受けやすく、寒い冬場は薄くなる傾向にあるためチョークを引いて燃料を濃くすることでエンジンが始動しやすくなる。シガーソケットの右横のスイッチがチョークだ

次ページは : 今でもけっこう役には立つが…「ドライビングテクニック用語」