これが日産次世代の自動運転レベル3だ! 目からウロコの新緊急回避性能、「グラウンド・トゥルース・パーセプション」を体感!!


 日産は4月25日、クルマの緊急回避性能を飛躍的に向上させる技術「グラウンド・トゥルース・パーセプション」技術を発表した。この技術は、物体の形状や距離などを高精度で認識可能な次世代高性能LiDAR(ライダー)とカメラ、レーダーを組み合わせることで周囲の空間と物体の形状を正確に捉え、その変化をリアルタイムに把握する技術だ。

 これは、LiDARからの情報をもとにクルマが時々刻々と変化する状況を瞬時に分析することで、自動で緊急回避操作をクルマ自身が行うもの。4月25日の発表に先立ち、日産では事前のデモンストレーションをメディアに公開した。

 実施されたデモンストレーションは次の3つで、1:Dynamic Traffic Tracking(周囲の物体の方位と座標を高い分解能で遅れなく検出し、瞬時の判断で緊急回避を連続的に実施)、2:Long Range Detection(300m以上先の遠方から高速道路上であり得るさまざまな障害物を検知し、安全に回避)、3:Dinamic SLAM(正確な周辺計測により自車の進路と移動量の微小な変化を検出することで、地図が整備されていないホテル敷地内のアプローチなどを走行する)。

 日産ではこの技術の開発を2020年代半ばまでに完了し、順次ニューモデルに搭載して2030年までにほぼすべてのニューモデルへの搭載を目指しているという。実際に体験した国沢光宏氏からのレポートをお届けしよう。

文/国沢光宏写真/ベストカーWeb編集部、日産

【画像ギャラリー】日産が2020年代半ばには開発を完了! クルマが緊急回避を自ら行う「グラウンド・トゥルース・パーセプション」とは?(29枚)画像ギャラリー

■昨年の東京五輪選手村での事故も想定できないパターンだった!?

事前のデモで公開されたDynamic Traffic Tracking。複雑な状況でクルマが前方に飛び出してきた他車を瞬時の判断で緊急回避する

「日産は当面レベル3以上の自動運転車は出さない」という驚くべき技術発表会を行った。多くの人からすれば、ホンダが「事故起きたらドライバーじゃなくクルマの責任になる」というレベル3を実現したことで、遠からず各社が続くと思っていたことだろう。それを否定したワケです。

 しかも詳細な説明をしてくれたのは、この分野で世界トップの技術者と言われる日産の飯島さん(※日産自動車株式会社電子技術・システム技術開発本部AD&ADAS先行技術開発部戦略企画グループ部長の飯島徹也氏)だ。以下、しっかり紹介する。

 飯島さんによれば、「事故の状況を分析していくと、驚くほど多くのパターンがあります」。今回用意された状況は、1)先行車に続いて走行している。2)先行車が急に車線変更(避けた)したら目の前に脱輪した大型トラックのタイヤが60km/hでコチラに向かって転がってきた。3)そいつを避けたら路地から乗用車が飛び出してきた--というもの。実際はさらに複雑な状況もあったそうな。

 昨年、東京オリンピックの選手村で発生した「走行中の車両に歩行者が自ら進行して接触」という事故状況も想定できなかったから発生したということです。自動運転時の事故をなくそうとしたら、2億3700万kmに1回発生する死亡事故のデータを数多く集めて解析し、対応しなければならない。これについて飯島さんは、「膨大なデータが必要になります。そう簡単に対応できません」。

 一般的にこういった複雑な事故に対応できるのはAIだと説明されているものの、当然ながら長年開発をすすめてきた飯島さん曰く、「皆さんが考えているほど簡単なものではありません」。AIの研究をしているというのはウソじゃないと思うが、それをクルマに搭載して実用化する難しさは別次元らしい。飯島さんに自動運転についての話を聞くと、いつも目からウロコが何枚も落ちる。

次ページは : ■リアルワールドでの100%安全のために必要な要件とは?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ