新型レクサスESは10月下旬発売!! このデジタルミラーがすごい!

■視認性の向上はそのまま安全性の直結

 2018年9月12日、レクサスは「10月下旬に発売予定の新型レクサスESに、量産車初のデジタルアウターミラーを装着する」と発表した。

 これ、よく見ると今後の中〜高級車にはのきなみ標準装着されていきそうな、クルマという製品そのものをアップデートさせる装備だったので、ここでザッと紹介したい。

先行公開されたアメリカ仕様、中国仕様のミラーを見ると、通常のアナログ版。つまり今回発表された「デジタルアウターミラー」はオプション設定か、もしくは高級グレードのみの装備となりそう。日本仕様は10月下旬発売とのこと

「デジタルアウターミラー」とは、要するにサイドミラーをデジタルカメラに置き換えたもの。本来サイドミラーがある位置にはウィンカーとカメラが装着され、室内の左右Aピラー根本にモニターを設置。そこで本来アナログミラーで見えるものが映像として表示される。

デジタル化の最大の恩恵は荒天時や夜間の視認性が向上すること。デジタルなので補助線なども表示可能だし、切り替えも楽。未来がやってきた

 サイドミラーをデジタルカメラに置き換えることによって、これほど多くの利点があるのか!! と驚いたので、以下に列記したい。

・夜間や雨天時の後方視認性が向上

・視線移動が少ないので安全

・後退時や右左折時に表示エリアを変更可能

・小型化するので(物理的な視界が)拡大、風切り音も低減

左右Aピラーの根本にモニターが設置される。視線移動距離が少なく、たとえば斜め後方から近づいてくる覆面パトカーなどにも気づきやすい

 これら多くの利点を考えると、今後、中〜高級車はいっせいにこのデジタルアウターミラーへ変わっていくと考えられる。

 今回のESには装着されないようだが、デジタルカメラということは、やろうと思えば常時録画も可能。あおり運転や事故時の証拠としても威力を発揮するだろう。

 日本は災害が多い国ではあるが、だからこそ、こうした創意工夫とデジタル技術による進化のスピードが早いという面もある。

 10月下旬のレクサスES発売がより楽しみになった。

デジタルアウターミラーの外観。モビルスーツの「モノアイ」みたいになってきた。安全性も向上するし、風切り音も少ないという。デザインもそのうちさらによくなっていくんだろうなと思うと、この先も楽しみ

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ