災害にも!! アウトドアにも!! ホンダ携帯型蓄電機はどこまで「使える」のか?


■災害時も想定してみて使ってみた

 さっそく実際に使ってみた。災害時の設定も大事だが、普段から屋外などでデスクワークもある私にとってはパソコンなどとの相性も気になるところ。

 5パターンのシチュエーションで使ってみた。なお各実験とも1時間程度の使用を行ったが、電池残量に関しては消耗が見られなかった。

1. 電源のない出先や屋外でのデスクワークを想定

 E500のコンセントからノートパソコンとカメラのバッテリーの充電器、USBからインターネット接続用も兼ねたスマートフォン、タブレットを接続。

サービスエリアの一角で仕事をしてみた。かれこれ1時間ほど使っていたが電源供給には問題がなかった

 結果は電気の使用状態を表示する出力インジゲーターが1つで点滅(50W未満使用)と、朝飯前といったところ。

 天気のいい静かな屋外で気持ちよくデスクワークするという使い方をすると、仕事がはかどりそうだ。

2.停電時を想定

 E500のコンセントからLED電球の電気スタンド、電源タップをつなぎ、電源タップからはラジオ、タブレットとフューチャーフォンの充電器を接続。USBからスマートフォンを充電

 結果はこちらも出力インジゲーターは1つ点滅と余裕しゃくしゃく。

災害時の停電を想定した使い方。明かり、ラジオでの情報収集、スマートフォンの充電などをしても余裕のE500。ほかの人へ電力を供給できる

 避難所で「ラジオで情報を共有しながら、電源タップを複数使ってみんなのスマートフォンを一気に充電する」といった使い方にも対応してくれるだろう。

 こういう使い方をしてみると、最大何台のスマートフォンを充電できるかも興味深い。

3. テレビを見る

 32インチの液晶テレビだけをコンセントにつなぐと、出力インジゲーターは1つ点灯(50~100W消費)になったものの、まだまだ余裕。

かなりお腹が空いていたのかグルメ食材を取り扱う通販番組を見る永田氏。避難している際などもE500があればテレビを見れて情報収集にも変化が生まれる

 避難所でテレビを見るケースは少ないかもしれないが、テレビで情報収集をしながらスマートフォンの充電をするなんて使い方もできる。

4. ご飯を炊く

 次は救援物資が届くまでにご飯を炊けるかの実験。炊飯器(2人暮らしまでを想定した3合サイズ、消費電力は440W)でお茶碗に軽く2杯分の四分の三合を炊いてみた。

普通にご飯が炊けた!! 暖かいご飯は緊急時には気力も、体力も湧いてくるだけに嬉しい。避難所での離乳食作りなどにも生かせそうだ

 結果はときおり出力インジゲーターが3つ点灯(300から450W消費)しながら、時間は約40分、味も変わらずといつも通りにご飯が炊けた。

 なおバッテリー残量は炊けた後30分保温しても最大の4目盛り残っており、長く保温しなければ1充電で2回ご飯が炊けそうだ。使えるぞ!!

5.ドライヤー

 ドライヤーは消費電力が1200WとE500の使用限界を超えているが、試してみた。まずCOOL(常温の風)は熱が出ないためか出力インジゲーターが2目盛り(100から300W消費)で、問題なく使えた。

冷風なら使用可能。やはり温風だと過負荷になり停止してしまう。こうなると並列運転でしのぐしかないのだ

 続いて「禁断の」SET(熱い普通の風量)にすると、さすがに電気が足りず即停止してしまった。

 ただ過負荷の場合はヒューズ機能が働き停止し、危険な状態にならないことは確認できた。しばらくすると機能は復帰する。

 E500一台で使える消費電力の上限は、500Wのスペック通りテストした小さめの炊飯器、小さめの電気ポット(1リッターサイズで430W)くらいだろう。

■まとめ

 もしもの停電やアウトドアなどで電気が使えるというのは当たり前ながら大変便利で、リベイドE500が家に1つあると大変有難いのは間違いない。

 試した以外では夜のアウトドアでLED投光器の電源に使う、車中泊の旅に使うならアクセサリーソケットから走行中に充電。

E500には可能性が大きくありそうだ。ホンダも大きくPRしているわけではないようだが、普通の発電機と違って排ガスが出ないのは室内用途にはピッタリだ

 夜はパソコン、スマートフォン、タブレットの充電と寝苦しい夜を扇風機(消費電力18W)でしのぐ、といった使い方も浮かぶ。

 便利なE500だが課題は少なからずある。

 今後は低価格化とともに、現状のディーラーでの販売以外にも一般の店舗や通販サイトで買えるようにするなど、購入へのハードルを下げることも必要だ。

 またバッテリーの進化は著しいものがあるので、より小型化&大容量化は望みたいところ。

 基本スペックが向上した時には、文字どおり「一家に一台の必需品」の存在になるのも夢ではないのではないだろうか。