F1イギリスGPでガンユーに駆け寄ったラッセル 。その甘さや弱さは今後対ハミルトンの弱点になる

F1イギリスGPでガンユーに駆け寄ったラッセル その甘さや弱さは今後対ハミルトンの弱点になる

 スタート第一コーナーのアクシデントでラッセルは左リアホイールを壊したものの、そのまま3輪走行でピットには戻れたと彼自身がFIAの技術委員に語っていた。ではなぜ戻らなかったのか? 戻ればレースができた可能性が高かった。しかしラッセルはそうはしなかった。レースを捨てガンユーに駆け寄ったのだ。その行動にはラッセルに罪の意識と甘さがあるという。元F1メカニックの津川哲夫氏が解説する。

文/津川哲夫
写真/Ferrari,Mercedes,Redbull

【画像ギャラリー】リタイヤが6台と、序盤から終盤まで大波乱だったイギリスGP(5枚)画像ギャラリー

シルバーストーン・マジックでメルセデスW13が復活

 今シーズン苦しんできたメルセデスが、10戦目の英国シルバーストーンで覚醒した。独自のコンセプトを貫き、ついにポーポシングの持病を解消させた。

 そしてW13は真のポテンシャルを発揮し、ハミルトンは安定した走りで3位表彰台をゲットしたのだ。毎年メルセデスが突然速くなるイギリスGPはシルバーストーン・マジックと呼ばれ、今年もメルセデスのシルバーストーン・マジックが具現化することとなった。

ついにポーポシングの持病を解消させたメルセデスW13。シルバーストーン・マジックでハミルトンは3位になった

 今回のハミルトンはそのマジックをしっかりと利用して無理をせず、凄まじいがフェアなバトルを行っていた。サインツとサイドバイサイドで入ったコプスでも、マックスと絡んだ昨年の繰り返しはせずにフェアなバトルだった。ペレスとのバトルもあわやの接触か……の場面もあったが、ペレスの速さを見切り、それ以上の無理はせずにペレスを先に行かせている。ペレスの速さにはまだW13では追いすがることができず、ハミルトンはそれを認めての3位、7回チャンピオンの大人の判断であった。

去年優勝のハミルトン、今年走れなかったラッセル

 今回残念だったのは王者ハミルトンの相棒たるラッセルだ。ついに覚醒したハミルトンに今回は間違いなく圧倒されていた。スタートでは若干の出遅れでガンユーに並ばれ、その2台の間に好スタートのガスリーが割り込んできて接触。結果ラッセルとガンユーはクラッシュ、ガンユーは宙に舞って逆さに滑りバリヤーを超えてフェンスを直撃する大事故になった。

はじき出されたガンユーのアルファロメオ 。怪我はなく、F1の安全性を証明した

 幸いなことにガンユーに怪我はなく、F1車体のとてつもない安全性を証明して見せた。

 しかし、問題はこの後だ。

 昨年、シルバーストーンの名物、高速コーナーコプスで、ハミルトンがフェルスタッペンと接触、レッドブルはアウト側に飛ばされて大クラッシュしてしまった。ハミルトンが事故直後一瞬スピードを緩めたのは事故への若干の罪の意識からだ。この一瞬の躊躇でハミルトンはルクレールに抜かれたが、これを取り返して優勝。チャンピオンハミルトンの強靭なレース魂が垣間見えたレースであった。

 では今回のラッセルは?

 スタート直後、第一コーナーのアクシデントでラッセルは左リアホイールを壊したものの、ピットには戻れたと彼自身がFIAの技術委員に語っていた。ではなぜ戻らなかったのか? 戻れば再スタートできた可能性は高かった。

ガンユーに駆け寄ったラッセル。何故ピットに戻らなかったのか

 ラッセルは大クラッシュしたガンユーの容体を気にしてコクピットを降りて現場へ向かっている。ラッセルはその現場で何をしようと思ったのか? 現場にはプロのマーシャル達が駆けつけていて、ラッセルのできることなど何もないのだ。

 ここにラッセルの弱さを垣間見た気がした。

 確かにガンユーの容体を気づかったといえば聞こえがよく、一般的にはその気遣いは美談に見えたかもしれない。しかしこれはラッセルの罪の意識にほかならない。事故の原因はさておき、彼のマシンがガンユーのマシンを飛ばしてしまった事実が、ラッセルに「しまった、やってしまった!」という意識をもたせたのだろう。その罪の意識がこの行動を起こさせてしまったに違いない。

 ラッセルはこの意識のせいで、走れる可能性のあった母国レースを棒に振ってしまった。

 こう言うと冷たく思えるかもしれないが、何もできない現場に駆け寄り、自分のやるべきレースを自ら放棄してしまうのは、F1レーサー失格である。もちろんこれは極論で言い過ぎだが、レースはチェッカーフラッグを受けるまでがレースなのだから……。ラッセルは自ら走れるレースをリタイアしてしまったのだ。

 クラッシュ後、走れる状態であればタイヤを引きずりながらでもピットに戻り、メカニックが必死の作業でマシンを間に合わせることができたはず。ラッセルは再スタートして良いリザルトを得てこそファンもチームも納得するのだ。その後に大人のコメントでガンユーを心配するのが真のプロフェッショナルではないか……。

 ラッセルへの評価はまだでき上がっていない。

次ページは : W13が理想的に仕上がってきたとき、果たしてラッセルはハミルトンを下せるのか?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ