カスタムして本物ソックリに!【クルマ界ものまね王座決定戦】


日本のカスタムメーカー&ショップが製作した本物ソックリなカスタムカーたち。いったい、どんなソックリさんを作ってくれたのか?

それはまさに、ものまねの際に使われる「テープ芸」のように、顔つきを中心にカスタムすることで、違うクルマに激似となったモデルたちだった!

そのあまりの完成度に淡谷のり子先生も天国から高得点を出してくれること間違いナシ!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年10月10日号


■リバティーウォーク/コペンGT-K

GT-Rの海外の愛称がゴジラなら、さしずめコイツはミニラか!?

顔つき、グリル、ボンネットなど、まるでGT-Rを小さくしたようでソックリ!

軽自動車のコペンが、リバティーウォーク製ボディキット「lb★nation DAIHATSU COPEN GT-K」を纏って、日産GT-Rに変身。

写真の状態にするボディキットは41万5800円、写真の状態からオバフェンを除いたものが32万9400円だ。グリル内のGT-Rエンブレムはご愛敬だ。

リア回りも大迫力。GTウィングの代わりにダックテールスポイラーが含まれたキットも用意される。そちらは33万6960円だ(オバフェン付)

■ソックリ度:星4つ

■URL/LBホールディングス(リバティーウォーク)

Blow/ブギーライダー DA64

スズキエブリィがスクールバス風にチェンジ!

先代エブリィがベース。リフトアップが施され、アメリカのスクールバスを思わせる外観に

スズキの先代エブリイをベースに、アメリカのスクールバスを再現。フロントのボンネット部は、まるで本物のように前方にチルトするというこだわりがナイスだ。

この顔つきを再現する「フロントフェイスキット」は21万円、灯火類一式は6万円。リアキットは6万円でリアゲートパネルは7万5000円だ。当然、マツダのスクラムや日産NV100にも装着可能。

■ソックリ度:星3つ

■URL/Blow

次ページは : ■ロードスターガレージ/roadster 龍妃ファイナル