新型ベンツAクラス 322万円〜の真価 世界最激戦区に本命が「ハイ、メルセデス」で参戦!!


 新型メルセデスベンツAクラスが2018年10月18日に発表された(6年ぶりのフルモデルチェンジ)。

 このAクラスが属するカテゴリーといえば、VWゴルフ、ルノーメガーヌ、トヨタカローラスポーツ、ホンダシビック、そしてマツダアクセラと、各メーカーが(特に欧州市場で)中心的販売車種を送り込み、しのぎを削る超激戦区。

 そこで、今回のAクラスはクルマと対話するAI機能を持つMBUXを初搭載し、安全装備もSクラスと同等のものを搭載されるなどして、自信満々で乗り込んできた。

 さて、その新型Aクラス、どんな魅力を備えているのか? 国産車と比べてどうなのか? 新型Aクラスに迫ってみよう!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部、ダイムラーAG
初出/ベストカー2018年11月26日号


■Aクラスのどこが凄いのか? 買う価値はある?

5ドアハッチバックのスタイルはキープコンセプトだが、CLSから始まった新デザインの鮫顔がポイント。ボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1423mmでゴルフより57mm全高が低い

 すでに欧州で新型に切り替わっていたベンツAクラスが2018年10月18日、日本で発表された。

 価格はA180が322万円、A180 Styleが362万円。さらに新型Aクラス発表を記念した特別仕様車、A180 Edition1が500台限定、479万円でラインアップ。

 スタイリングは見てのとおり、基本的には「うん、Aクラスだね」というキープコンセプトなのだが、顔つきがシャープになった印象だ。

 ボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1423mmで、旧型に対しひと回り大きくなった。ホイールベースは30mm長い2729mmとなっている。

 ガチンコのライバルはVWゴルフだろう。ゴルフのサイズは全長4265×全幅1800×全高1480mmとAクラスのほうが全長が154mm長く、全幅が4mm小さく、全高が57mm低い。

新型Aクラスの発表を記念した特別仕様車、A180EDITION1を限定販売。ポーラーホワイト150台、マウンテングレー250台、マウンテングレーマグノ100台の合計500台。価格は479万円

■国産ライバル車はカローラスポーツとアクセラスポーツ

スポーティなリアスタイル。先代よりも後席の居住性が高いのもポイントだ

 国産車の同クラスのライバルとしては、アクセラスポーツ(新型は11月28日にLAショーで発表される)と、カローラスポーツになるだろう。

 カローラスポーツは全長4375×全幅1790×全高1490mm、アクセラスポーツは全長4470×全幅1795×全高1470mmだから、Aクラスはほぼこのクラスにハマるサイズということになる。

 価格的にはゴルフが1.2L、直4ターボのトレンドラインが253万9000円、コンフォートラインが279万9000円。1.4L、直4ターボのハイラインが331万9000円だから、A180の最も安い322万円とハイラインが競合車となる。

 いっぽう、カローラスポーツは1.2L、直4ターボが210万6000〜238万6800円。ハイブリッドが241万9200〜268万9200円。

 アクセラスポーツは1.5L、直4のガソリン車が182万5200〜239万7600円、1.5L、直4ディーゼル車が233万8200〜268万9200円、2.2L、直4ディーゼル車が279万1800〜308万8800円。

 ボディサイズは似たような感じだが、価格的にはやや安価なカテゴリーで、直接競合とはいかなそう。

 とはいえカローラスポーツも「コネクティッド」と安全装備がウリ。以下に紹介する新型Aクラスと、そうした付加価値で競合することになりそう。

次ページは : ■先代Aクラスよりも大幅に広がった居住空間!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ