新型ベンツAクラス 322万円〜の真価 世界最激戦区に本命が「ハイ、メルセデス」で参戦!!

 新型メルセデスベンツAクラスが2018年10月18日に発表された(6年ぶりのフルモデルチェンジ)。

 このAクラスが属するカテゴリーといえば、VWゴルフ、ルノーメガーヌ、トヨタカローラスポーツ、ホンダシビック、そしてマツダアクセラと、各メーカーが(特に欧州市場で)中心的販売車種を送り込み、しのぎを削る超激戦区。

 そこで、今回のAクラスはクルマと対話するAI機能を持つMBUXを初搭載し、安全装備もSクラスと同等のものを搭載されるなどして、自信満々で乗り込んできた。

 さて、その新型Aクラス、どんな魅力を備えているのか? 国産車と比べてどうなのか? 新型Aクラスに迫ってみよう!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部、ダイムラーAG
初出/ベストカー2018年11月26日号


■Aクラスのどこが凄いのか? 買う価値はある?

5ドアハッチバックのスタイルはキープコンセプトだが、CLSから始まった新デザインの鮫顔がポイント。ボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1423mmでゴルフより57mm全高が低い

 すでに欧州で新型に切り替わっていたベンツAクラスが2018年10月18日、日本で発表された。

 価格はA180が322万円、A180 Styleが362万円。さらに新型Aクラス発表を記念した特別仕様車、A180 Edition1が500台限定、479万円でラインアップ。

 スタイリングは見てのとおり、基本的には「うん、Aクラスだね」というキープコンセプトなのだが、顔つきがシャープになった印象だ。

 ボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1423mmで、旧型に対しひと回り大きくなった。ホイールベースは30mm長い2729mmとなっている。

 ガチンコのライバルはVWゴルフだろう。ゴルフのサイズは全長4265×全幅1800×全高1480mmとAクラスのほうが全長が154mm長く、全幅が4mm小さく、全高が57mm低い。

新型Aクラスの発表を記念した特別仕様車、A180EDITION1を限定販売。ポーラーホワイト150台、マウンテングレー250台、マウンテングレーマグノ100台の合計500台。価格は479万円

■国産ライバル車はカローラスポーツとアクセラスポーツ

スポーティなリアスタイル。先代よりも後席の居住性が高いのもポイントだ

 国産車の同クラスのライバルとしては、アクセラスポーツ(新型は11月28日にLAショーで発表される)と、カローラスポーツになるだろう。

 カローラスポーツは全長4375×全幅1790×全高1490mm、アクセラスポーツは全長4470×全幅1795×全高1470mmだから、Aクラスはほぼこのクラスにハマるサイズということになる。

 価格的にはゴルフが1.2L、直4ターボのトレンドラインが253万9000円、コンフォートラインが279万9000円。1.4L、直4ターボのハイラインが331万9000円だから、A180の最も安い322万円とハイラインが競合車となる。

 いっぽう、カローラスポーツは1.2L、直4ターボが210万6000〜238万6800円。ハイブリッドが241万9200〜268万9200円。

 アクセラスポーツは1.5L、直4のガソリン車が182万5200〜239万7600円、1.5L、直4ディーゼル車が233万8200〜268万9200円、2.2L、直4ディーゼル車が279万1800〜308万8800円。

 ボディサイズは似たような感じだが、価格的にはやや安価なカテゴリーで、直接競合とはいかなそう。

 とはいえカローラスポーツも「コネクティッド」と安全装備がウリ。以下に紹介する新型Aクラスと、そうした付加価値で競合することになりそう。

■先代Aクラスよりも大幅に広がった居住空間!

メーターパネル、センターモニターと液晶表示モニターが連なるコックピットはグラッシーで近未来的だ 充実した予防安全装備を搭載する。内容的には最上級モデルのSクラスにも匹敵する性能の自動ブレーキや衝突回避支援システムをフルに搭載する
先代Aクラスに比べると格段に広くなったリアシートの居住性

 注目すべきは居住空間。先代モデルでは少し背の高いBクラスの存在を考慮して、思い切り背の低いスポーティなスタイルだったが、今回のAクラスはゴルフに近い、普通のハッチバックスタイルとしてきた。それでもゴルフよりも全高を57mm低くしたのは意地か。

 ヘッドクリアランス、レッグルームともにヘッドルームが前席7mm、後席8mm、ショルダールームが前席9mm、後席22mm、肘部分の空間が前席35mm、後席36mmそれぞれ拡大するなど、ゆとりある室内空間に進化。

 また、ラゲッジスペースについても先代モデルから29L増の370Lに拡大されるとともに、トランク開口部が200mm、トランク長が115mm、トランク幅が225mm広がることで利便性が高まっている。

 まず日本仕様として導入されたのは「A180」。さらにダウンサイズされた1332㏄直4ターボは136ps/20.4kgmで1.6L、直4ターボだった旧型に対し、最大トルクは変わらぬまま最高出力を14ps引き上げている。

 組み合わされるトランスミッションは7速DCTだ。

■「ハイ! メルセデス」と言えばクルマと話せる

ハイ!メルセデスと言えばMBUXが起動する。好きな音楽をリクエストすれば音楽を流してくれるなど、まるでロボットと話しているようだ

 室内は液晶パネルがワイドに広がるインパネが印象的。「レーダーセーフティパッケージ」装着モデルでは、最上級のSクラスとほぼ同等の充実した安全装備を搭載する。

 さらに注目の「MBUX」が採用されているのだが、これはAI機能によりクルマと対話する機能。

 音声認識により目的地設定やエアコン設定などはもちろんのこと、学習機能によりクルマ側がドライバーのライフパターンに応じたさまざまな提案などをしてくれるという機能。

 発表会場ではデモンストレーションが行われた。男性が「ハイ、メルセデス」と声をかけると、MBUXがピコという音がして、「どうぞ、お話しください」と答えた。

 男性が「ちょっと暑いんだけど」と話しかけると、MBUXが「21℃にします」と答えた。大げさだが、まるでロボットと話しているようだ。

 そのほか、流してほしい曲をリクエストすると、その曲を流したり、MBUXに「今日の調子はどう?」と話しかけると、MBUXは「悪くないです」と答えていたが、「まあまあです」、「最高です」と答える時もあるという。

 MBUXが喋る日本語は、若干たどたどしさが残るものの、なかなかのものだった。

 さて、このAクラスから始まった「クルマとの対話機能」。BMW3シリーズにも採用が決まっており、新型ゴルフにも搭載されるのは間違いない。

 現時点でこの機能は国産車には未導入。はたして一番乗りはトヨタか? マツダか? ホンダか? そもそも必要なのか?

 まずはこの新型Aクラスでじっくり試して、その模様を近いうちにお伝えいたします。

安全装備が充実しているのも新型Aクラスの特徴のひとつ

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ