【RAV4、スープラ、デイズ…】2019年新車スケジュールマル秘情報全公開!! 


2018年も残すところあとわずかになりました。2019年は自動車業界にとって、どのような年になるのでしょうか?

2018年もたくさんの新型車が登場し、話題を振りまいてくれました。さて、2019年にはどんな新車がデビューするのでしょうか?

現時点で当サイトに集まっている新車情報をまとめました。もちろん一部情報が錯綜しているところもありますが、それは今後、新情報が入り次第アップデートしてゆきます。

文/遠藤 徹
写真、CG/ベストカー編集部


■2019年の自動車業界はどうなる?

2019年、国産自動車メーカー各社のニューモデル展開はSUV、ミニバン、セダン、ステーションワゴン、軽自動車とバラエティに富んだラインアップが出揃う図式になっていることが予想される。

マーケット背景としては、2019年10月実施予定の消費税引き上げ、トヨタの全系列店併売移行などがあり、これらがニューモデル投入スケジュールに大きな影響を与えそうな雲行きが感じられる。

消費税実施前は駆け込み需要があり、実施になれば買い控えが発生する。したがってこの時期にニューモデルを投入すると充分な新型車効果が得られないので、このタイミングを避けるメーカーが多くなりそうである。

では、2019年に登場する新車スケジュールを紹介していこう。まずは2018年1月にデビューするクルマから。

■2019年1月/注目はリーフの航続距離500km仕様

●ノア、ヴォクシー、エスクァイア/2019年1月一部改良
 2019年1月7日に一部改良し、2列シート5人乗り車や新グレードの設定、インテリジェントクリアランスソナーなどを標準装備。

●リーフ/2019年1月追加モデル
リーフは2018年1月9日に航続距離を500km以上に延長した「ハイパフォーマンス」モデルを追加。バッテリーの容量アップで実現。従来モデルも継続販売する。エクストレイルは安全対策の強化で前後発進の誤作動防止、オートハイビームの標準装備など。

●エクストレイル/2019年1月一部改良
 エクストレイルの一部改良モデルは2019年1月11日発表、28日発売。今回は内外装の変更はなく、前後始動の誤作動防止やオートハイビームなどの安全対策強化とナビパッケージの標準装備車設定など。誤作動防止はリアの障害物認識とフロントは人も検知する。

●ヴェゼルターボ/2019年1月31日追加モデル

1.5L、VTECターボ追加によって人気が再燃しそうだ。写真は新色のプレミアムクリスタルブルーメタリック

2018年12月14日、ヴェゼルの1.5L、VTECターボ搭載モデル、ヴェゼル・ツーリング・ホンダセンシングをWebサイトで先行公開。正式な発売は2019年1月31日。車両本体価格は294万840円で1グレードのみ。

スペックは173ps/22.4kgmで駆動方式はFFのみ。新色のプレミアムクリスタルブルーメタリック、スーパープラチナグレーメタリックや専用のブラウンインテリアを設定。

次ページは : ■2019年2月/フェイスリフトしたデリカD:5に注目!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ