え……巨大ロボ…? 日産の東京オートサロン出品車 責任とって市販して

■ジュークのレスキュー仕様!?

 2019年1月11日(金)〜13日(日)に幕張メッセで開催される東京オートサロンの出品概要が、各メーカーから発表されている。

 なかでも12月19日に発表された日産の出品概要は、届いたニュースリリースのメールを見た担当者が見間違いかと思ってクリックしなおしたほど。

「ちょっとこれ見てくださいよ」

 と周囲の編集部員を呼んで見せた写真がこれ。

JUKE Personalization Adventure Concept。公式の解説には「多彩なカラーコーディネーションによるカスタマイズが好評を博しているジュークのパーソナライゼーションをより進化させ」とあるが、進化させすぎだと思う。いいぞもっとやれ

 お、おう…。

 日産の解説によると、「エクステリアは、レスキューの走破性を想起させるクローラーとオーバーフェンダーを装着。更にマットホワイト&マットブラックの2トーンカラーにフローセントグリーンのアクセントを配した新しいパーソナライゼーションの形を提案します」とのこと。

 新しいパーソナライゼーションの形って…。

 オーバーフェンダーのカラーリングとクローラーの組み合わせは、いまにも巨大ロボットに変形しそうな出で立ち。そういえば日産は2008年にデュアリスが変形してロボットになるCMを作っていたよな…などと思いだしたりもした。もう10年前とは…。

「参考出品」とのことだが、このインパクトを与えた責任をとって、ぜひとも市販を前向きに検討してもらいたい。

■そのほかエルグランドの豪華&スポーツ仕様等

 上記「JUKE Personalization Adventure Concept」以外にも、今回の日産はなかなか盛りだくさんでかなり気合いが入っている。近年、「NISMO」や「オーテック」などカスタマイズのコンプリートカーに力を入れている日産だけに、東京オートサロンは主戦場になっているということだろう。

ELGRAND The Sports Premium Concept。「エクステリアは、精悍なピアノブラックのフロントグリルとNISSAN GT-Rからインスパイアされたボディカラー、スポーティーな印象を与える20インチのアルミホイールを装備。インテリアには、豪華で上質な赤い本革を使用した特別シートを設定」とのこと

 個人的に注目したいのは、「ELGRAND The Sports Premium Concept」。エルグランドは現在月販約500台ペースなのだが、アルファードやヴェルファイアがそれぞれ月5000台ペースで売れていることを考えると、もうちょっと売れてもいい車種。

 こういう豪華でスポーティな仕様を用意することで、地道に商品力をあげて、第三の選択肢として存在感をあげてほしい。

X-TRAIL + Naomi Osaka Concept。大坂なおみ選手とエクストレイルのコラボレーションによるコンセプトカー。エクステリアは、大坂選手が選んだマットブラックにゴールドをあしらったデザインを採用

X-TRAIL AUTECH(Premium Personalization仕様)。2019年1月より発売予定

大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル。「GT-R Premium edition」グレードをベースに特別仕様車として設定

最新号

ベストカー最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|ベストカー 2月10日号

 新年初売り号となる「ベストカー」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、ベストカーではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ