新型フェアレディZ 開発邁進中!! いまわかっていることすべて


■コンセプトカーの発表は2019年秋の東京モーターショー!

技術的な内容はインフィニティQ60とほぼ同様で、あとはZらしさの味付けをどう加えていくか議論されているという。それだけにスタートすれば開発自体は意外に早く、フェアレディZの生誕50周年を迎える2019年秋に開催される東京モーターショーで次期フェアレディZのコンセプトカーを公開することができそうだ。

市販モデルの発売はズバリ、コンセプトカーの公開から約2年後の2021年頃。予想価格は、305psのスタンダード仕様が約500万円、405psのハイパワー仕様が約700万円というあたりが妥当な線となりそうだ。

情報を聞いた日産関係者から「史上最強、史上最速のZを目指して着々とプロジェクトを進めています」と力強いコメントをいただいた。期待して待っていよう!

■次期フェアレディZ予想スペック
ボディサイズ/全長4520×全幅1890×全高1240mm
ホイールベース/2550mm
エンジン/VR30型V6、DOHCツインターボ
排気量/2997cc
最高出力/405ps/6400rpm
最大トルク/48.4kgm/1600〜5200rpm
予想価格/スタンダード仕様が500万円〜、ハイパワー仕様が約700万円〜

次期フェアレディZとプラットフォームを共用するインフィニティQ60に加わったブラックSシリーズ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ