スバル レヴォーグ〜消費税増税前夜〜

 3月に予約すれば5万円キャッシュバック!そのほかにも特典が多数用意されているスバルディーラーは熱気を帯びていた!

 「事前受注を開始した1月4日が凄いことになりました」笑顔で対応してくれた中堅セールスマン氏。嬉しい悲鳴といえるだろう。本企画で買いに行くのは、2013年東京モーターショーで華々しく初公開され人気が急上昇中のレヴォーグ。

 4月が正式発売なのに、年明けの営業開始日と事前受注開始日が重なった1月4日、スバルディーラーにはレヴォーグの情報を求めたユーザーが殺到したという。

 「我々の予想を遙かに超えていました。セールスマンが足りずに、クルマの説明もできない状況でした。たいへん申し訳ないのですが、査定だけしてお帰りいただいたお客さまもいらっしゃいました」そのレヴォーグがほしいと伝えると、笑顔がさらに輝いた。スバルマンが、今一番売りたいクルマなのだろうか。

 「ありがとうございます。今ご注文いただきますと、ゴールデンウィーク前はちょっと難しいですが、ゴールデンウィーク直後に納車できると思います」え、えぇ〜、意外と早く納車されるんだ。プチ驚いている様子を察したみたい。「発売直後にお待たせしないように生産を急いでいます」

 たいへん申し上げにくいですが、スバルの生産能力でレヴォーグを増やすと、ほかの車種に影響が出るんじゃなかろうか。これは直接ぶつけてみよう。「そうなんです。XVやフォレスターの商談も多いのですが、納車は3月になります」

 ハイブリッドじゃないXVやフォレスターがギリ3月になるそうだ……そんな話をしにきたんじゃない、レヴォーグだ。商談はこれからが本番である。聞くと、先行予約キャンペーンを展開中という。「1月4日から3月日にご予約いただいたお客さまには5万円のキャッシュバック。

 さらにレヴォーグ専用のアプリケーションを組み込んだiPadをプレゼントしています」これだけで消費税アップの3%ぶんは元が取れる。「さらに、先行予約していただいたお客さまには純正アクセサリーやナビゲーションを特別価格で提供しています」

 エアロパッケージが単品価格14万3000円が10万円になるなど、こちらもお買い得。いよいよ最後の攻防。「で、値引きは?」「新型車ですから、基本は値引きなしです」「基本ということは、あるんだ。5万円くらい?」「そんなところです」「10万円は?」「ありません」

 最後はきっぱり拒否されたが、値引き5万円はいけそうな印象だ。1.6LのGT─Sアイサイトで見積もりして支払総額317万6910円。決して安くはないが、ジャストサイズのスポーティワゴンがほしければ、3月中の予約がオススメです!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ