ムーヴもハスラーも新型に?? 2019年デビューなるか!! 大注目の新型軽自動車7台


 日本全国で多くの人を支える軽自動車。最大限の空間効率を稼ぐとともに、安全性も向上し続けている。さらには走りを売りにする軽自動車もまだまだ元気だ。

 そんな日本にはなくてはならない軽自動車。2019年はベストカーが把握しているだけでも7車種がデビューしそうだ。

 ムーヴやハスラー、N-WGNなどの新型が続々登場予定。いまわかっていることをまとめました。

文/CG:ベストカー編集部
ベストカー2019年1月26日号


■【春】日産&三菱が送り出す新型デイズ/eKワゴン

【デイズ/eKワゴン】2019年3月

 2013年登場のデイズとeKワゴンが桜の時期、2019年3月頃にフルモデルチェンジを果たす。次期モデルは企画、開発が日産、生産が三菱自動車の水島工場という具体的な協業体制を取ることでも注目のモデルだ。

 ポイントは2点。ひとつは軽自動車の中ではナンバーワンといえる安全性を誇ること。日産のプロパイロットが搭載されることで、セレナやエクストレイルに近い機能も使用できるはず。

デイズはしゅっとした印象になりEVも登場予定。i-MiEVが長年に亘り担ってきた軽自動車EVをNMKVとして引き継ぐ形になるようだ(画像はベストカー予想CG)

 もう一点はEVモデルのラインナップだ。航続距離は200kmオーバーといわれ、i-MiEVの164kmを大幅に上回る。

 日産は国内メーカーの中では、最もカーシェアリングに熱心でデイズのEVは提供するモデルとしてはピッタリ。今ひとつ盛り上がらないEVを身近な存在にしてくれるかもしれない。

■【夏】タントとN-WGN登場で市場に変化アリ?

【タント】2019年7月

 N-BOXに王座を奪われたタントが捲土重来の日を待っている。特に安全性と後席の居住性の点でN-BOXに勝るべく開発が続けられているといい、Bピラー内蔵スライドドア以外の隠し球が楽しみだ。

ハイト系として「打倒N-BOX」という意気込みでデビューするであろうタント。いろいろな隠し玉でライバルに追いつけるか!?(画像はベストカー予想CG)

 居住空間ではN-BOXへ多くのユーザーが流れている可能性も高く、かなり凝った設計になるという。Nシリーズへの好敵手なるか!?

【N-WGN】2019年8月

 広いし、安心だし、予想以上に走りもいいN-BOXに足りないものがあるとすれば燃費、悪くはないがよくもないというのが、ユーザーたちの評価。

燃費も追求しているN-WGN。コンパクトでスポーティなキャラクターで、単身者など「N-BOXまでは……」という層にも響くはず(画像はベストカー予想CG)

 広さではN-BOXを超えられないN-WGNは燃費と扱いやすさを磨き登場する。特に燃費はN-BOXに採用されるS07B型エンジンを改良。

 30.0km/Lオーバーとなる。マイルドハイブリッドの可能性もあり、どんな技術を見せてくれるか、楽しみだ。

次ページは : ■【秋・冬】コペンGR、ハスラーにムーヴも登場で冬も激アツだ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ