マツダRX-7 254 ル・マンに挑戦した車、復活の道へ お宝発見!!!

1991年、ル・マン24時間レースで総合優勝したマツダ787Bの前夜に、日本人の技術と誇りをかけてル・マン24時間レースに挑戦したマシンが存在した。その名は、マツダRX-7 254。

ル・マン24時間レースの後、WECや富士1000kmレースなどに参戦した後、しばらく行方不明になっていたが、今回約35年ぶりに発見され、今まさに蘇ろうとしている。

さて、発見されたRX-7 254はどんなマシンだったのか? いかにして再生されていくのか、レポートをお届けしよう。

TEXT/Daich Nakamigawa
PHOTO/Yasuhiko Sato
取材協力/PRO COMPOSITE
初出/ベストカー2019年2月10日号


■13Bロータリーを搭載した83号車

カーボン製ボディパーツを自社で設計生産するプロコンポジットが手に入れレストア作業を行うという

マツダ787Bが1991年のル・マン24時間で総合優勝したのは、ただ運がよかったわけではない。レースという勝負事には常に時運も必要だ。しかし、勝てるだけの速さと信頼耐久性に加え、入念な準備がなければ勝ち負けの土俵にすら立てない。

それはマツダが世界の頂点を目指すため、ル・マン24時間レースに挑み続けた歴史の集大成だった。今回、一連の挑戦の過程で重要な意味を持つような1台に出会った。1982年に参戦したマツダRX-7 254である。

当時、マツダのモータースポーツ部門にしてル・マン24時間レース制覇のために活動していたマツダスピード(旧マツダオート東京)は、1974年に最初のル・マン24時間レースを経験すると、準備期間を経て1979年から再挑戦する。

マシンはサバンナRX-7(SA22C)に13Bを搭載しシルエットフォーミュラ仕様へと改造した252iで、その後、度重なる改良を経て254へと進化した。

ピラー内側にはピンクやゴールドの塗装が残る。レースふぉとにさまざまなカラーリングをまとった証であり、この個体がレーシングヒストリーそのものだ

現在、エンジンは搭載されていないが、当時は13Bロータリーが積まれ、964kgの車体に対して約300psを発生

当初は惨憺たる戦績だった。予選落ちに始まり、決勝にこぎつけてもマシントラブルでリタイアばかり。ヨーロッパ最高峰の壁を、まざまざと見せつけられる結果となった。しかし、負けても諦めない大和魂が、初めて結果に表れたのが1982年だった。

この年、マツダは2台の254をエントリーさせた。寺田陽次郎/従野孝司/A・モファットが走る82号車に加え、トム・ウォーキンショー・レーシングとのコラボとしてT・ウォーキンショー/P・ラベット/C・ニコルソンが乗る83号車である。

いかにロータリーとはいえ排気量の小さい13B(1308㏄)は非力だった。しかし82号車はミッションや燃料系のトラブルを克服して完走を果たす。83号車は燃料系のトラブルでリタイアしたものの、一時は総合8位を走るという快走をみせた。

エアロパーツで武装されるが、ドアには市販車(SA22C)の面影が残る

延長されたリアエンドには2段に分けられたアルミ製リアウイングが備わる

現代のレーシングカーにも通じるエアロダイナミクス技術が見え隠れする

ポルシェ956で黄金時代を築き上げつつあったポルシェ勢を筆頭に、百戦錬磨のトップチームたちに比べたら、確かにマシントラブルは多かった。レース運びだって試行錯誤の連続だ。

しかし、壊れても壊れても諦めない。必ず修理して復帰させる。不死鳥のようなマツダ254は、彼の地の人々の心を打った。

その努力が認められ、チームとしてベストメカニック賞を受賞したのである。優勝が非現実的となった瞬間に走ることをやめていく行為は、合理的で洗練された活動かもしれない。

しかし、それとはまるで正反対の、泥臭くて不器用だけど「何が何でも完走してやる」という強い意志の感じられる活動だった。その不屈の精神こそが9年後のル・マン24時間総合優勝を支えたのだと思う。

そして、ヨーロッパのメーカーでさえ諦めていた、ロータリーエンジンの可能性を示唆した。

マツダがル・マン24時間レースで総合優勝を飾るのは1991年。今回とりあげた「254」があったからこそ(写真の)787Bがあった

■行方不明となっていたが発見され、これから徹底的にレストアされる

サバンナRX-7(SA22C)をベースにIMSA GTXレギュレーションで製作された

当時はバーストを含めてタイヤトラブルが頻出。試行錯誤の日々が続いた

目の前にある個体は当時の83号車だという。ル・マン24時間を経験したのちに帰国し、WECや富士1000㎞などに参戦したものの、その後は行方不明となっていた。

それを縁あって、カーボン製ボディパーツを自社で設計生産するプロコンポジットが手に入れた。彼らはまるで当時のマツダスピードのように、自社技術を世界へ羽ばたかせようと邁進している。

代表の伊東正人氏は事あるたびに「やるからには最高峰から攻める」という。その言葉どおり、ランボルギーニのボディパーツを開発し、スーパートロフェオなどレース活動も続ける。

そうした意味で、最高峰から攻めて実際に結果を残した254には深く共感するのだろう。経年劣化で朽ち果てた箇所を徹底的にレストアして蘇らせたいと意気込む。

完調を取り戻してふたたび往年のロータリーサウンドを世に轟かせる時が楽しみだ。まるで日本人技術者が誇りに思えるような、甘美なサウンドが響くに違いない。

最新号

ベストカー最新号

次期フィットにタイプRも!? ホンダ新車戦略|ベストカー 7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ新車戦略において、との情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、集中BIG特集MAZDA vs. SUBARU、国産SUV&クロスオーバー最新ランキングとも…

カタログ