安かろう悪かろう?? すでに日本車に追いついた?? 韓国車の欧米での現状と今後

 韓国といえばなにかと日本との軋轢も多く、なにかと大きなニュースになりがち。徴用工問題にレーダー照射問題など多くの問題を抱えるが、クルマ界隈ではどうだろう?

 現在日本市場では韓国車の乗用車は正規販売されておらず、街中で見るのはもっぱらヒュンダイの観光バスくらい。

 しかし海の向こう、アメリカやヨーロッパでは少しばかり事情が異なる。韓国車は今後どうなっていくのか。海外の状況を紹介しながら迫ります。

文:桃田健史、竹花寿実、国沢光宏、ベストカー編集部
写真:HYUNDAI、KIA、トヨタ
ベストカー2019年3月26日号


■アメリカじゃこんなに人気なのか、韓国車!

 徴用工問題にレーダー照射事件、最近やたらと日本と問題が起こっているお隣さん。ちょっとでも解決方向に話が進むといいが根は深そうだ。

 というわけで、とりあえずクルマ対決だ。相手は日本市場撤退を余儀なくされた国。きっと問題ないハズ、だ。まずはアメリカから見ていこう。

韓国車は模倣の時代からひとつ先のステップに進んでいるようにも思える。例えば写真のヒュンダイのヴェロスターターボ Rスペックは全長4024mmのボディに1.6Lターボ(201ps)を搭載。6MTのみの設定で若者の支持も大きい

【TEXT:桃田健史】

 日本ではすっかり姿を見なくなった韓国車が、日本車なみにウジャウジャと走っている。それが、アメリカの現状だ。

 時計の針を少し戻すと2000年代中盤頃から韓国車の品質が一気に向上した。

 韓国車メーカーはアメリカを中核として、世界市場における「打倒日本車」、「ワールドカーへの躍進」を掲げた。

 ヒュンダイ・キアは日系や欧米メーカーからエンジニア、デザイナー、さらには経営陣を迎え入れ、商品企画と研究開発における改革を行ったのだ。

 モデルラインナップは、Bセグメントから中型SUVと高級セダンまで、日本車とのガチンコ勝負に出た。

 そうしたなかで、日本車との熾烈な戦いとなっているのは、アメリカ市場の稼ぎ頭であるC/Dセグメントセダンだ。

 ヒュンダイ「エラントラ」のライバルは、トヨタ「カローラ」とホンダ「シビック」。

 さらにひとまわり大きなヒュンダイ「ソナタ」とキア「オプティマ」は、「カムリ」「アコード」、そして日産「アルティマ」と全面対決。

 2000年代までは、フォード「フォーカス」「フュージョン」、シボレー「クルーズ」「マリブ」が日本車対抗だったが、こうした業界図式を韓国車が一気に崩したかたちだ。

 SUVでも韓国車が攻勢に出てきている。中型SUVでは、ヒュンダイ「サンタフェ」が人気で、トヨタ「ハイランダー」「4ランナー」、日産「パスファインダー」、そしてマツダ「CX-5」とのシェア争いが過熱している。

ヒュンダイの定番SUVのツーソン。2019年2月にヒュンダイは全米で4万5612台を販売したが、そのうちの9411台がツーソンが占める

 最近の市場動向で気になるのが小型SUVだ。最近はC/Dセグメントセダンからの買い替えが加速しているからだ。

 ヒュンダイでは定番商品「ツーソン」のひとまわり小さな「コナ」の販売を強化し、「RAV4」と「CR-V」の牙城を崩そうとしている。

 一方、ハイブリッド車では韓国車は苦戦している。ヒュンダイは過去3年間で、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、そしてEVを電動車ブランド「アイオニック」として相次いで発表。

ぱっと見、かなりプリウスに似ている気がするのだが、これがアイオニックと呼ばれるヒュンダイのEV。2019年2月は1032台を販売

 だが、「プリウス」や「リーフ」と比べ、販売量は明らかに少ない。このように、アメリカでの韓国車は、一部のカテゴリーを除いて、日本車と同等の人気を誇る。

 エクステリアとインテリのデザインセンス、エンジン性能、ハンドリング、乗り心地など日本車をターゲットに韓国車のカイゼンは日々進んでいる。

 だが、最近では韓国本国での景気後退を受けて、アメリカ市場での韓国メーカーの動きにやや陰りが見えている状況だ。

■ヨーロッパでも「安かろう悪かろう」から抜けつつある

【TEXT:竹花寿実】

 今でこそ欧州で認められている日本車も、かつては安さを武器に欧州車のシェアを奪う存在として見下されていた。

 1990年代に欧州に上陸した韓国車も同様で、2000年代までは、ドイツでは「ライスシュッセル(どんぶり)」などと呼ばれ、アジア製のクルマとして揶揄されていた。

現行型のキアのシード。コンパクトカーとしての性能は充分に持たせており、移動手段としての需要が多い欧州でもポジションを確立した

 しかし、ここ10年ほどで欧州における韓国車、つまりヒュンダイとその傘下にあるキアのプレゼンスは格段に高まっている。

 2018年上半期の市場シェアは、2社合わせて約6.4%で、欧州3位のフォードに迫るほどだ。

 その理由はヨーロピアンなデザインと手頃な価格、長期保証などさまざまある。

 何より「欧州市場向けに欧州で企画したモデルを、欧州の技術者やデザイナー(後にキア自動車社長兼ヒュンダイ自動車グループのデザイン最高責任者となったペーター・シュライヤーが有名)が開発し、欧州で生産する」というのを徹底したことだ。

 ここが日本勢と決定的に違うところだ。先駆けとなったのは2006年に登場したキア・シードと、2007年デビューのヒュンダイi30だ。

 ここから両社はラインナップを拡大。SUV人気の波にも乗った。さらにドイツメーカーから引き抜いた腕利きのテストドライバーにより、シャシーの完成度も年々向上。

 今や欧州市場で突出したコストパフォーマンスを実現するに至っている。

 近年の人気モデルは、i30とシードのワゴン版であるプロシード、ヒュンダイix25やキア・スポーテージといったコンパクトSUVなど。

 また4ドアクーペのキア・スティンガーは、全長4830mmのスタイリッシュなスペシャルティカー。

スポーティセダンのキア スティンガー。少しグリルなどにクセはあるものの全体的にはかっこいいデザインではないだろうか?

 366psと510Nmを発揮する3.3L、V6ツインターボも用意され、若いクルマ好きから大きな注目を集めている。

 i30のハイパフォーマンス版であるi30Nも注目の的で、韓国車のイメージがポジティブに変化していることがうかがえる。

 韓国勢は電動化への対応も早い。ヒュンダイは2016年にハイブリッドとPHEV、ピュアEVの3タイプをラインナップするアイオニックを発表。

 今年のジャーマンCOTYには、163psと395Nmを発揮する電気モーターを搭載し、航続距離756kmを実現した電動コンパクトSUVのヒュンダイ・ネクソが、最後のベスト5にノミネートされた。

 ちなみに日本車は1台もノミネートされていない。

 ブランドイメージ向上にも余念がない。ヒュンダイは1999年からFIFAの公式スポンサーで、現在はキアも相乗り。こんなところにも彼らの本気度がうかがえる。

■WRCではトヨタがややリードを見せ始めた?

 余裕の日本車勝利だと思ったら、どうにも旗色が悪いことが判明してきてしまった本企画。こりゃいかん。

 こうなったら日本メーカー代表のトヨタと、韓国代表のヒュンダイが同じフィールドで戦うWRCでの勝負に持ち込もう。解説は国沢光宏氏だ。

【TEXT:国沢光宏】

 WRCにおけるトヨタ最大のライバルは現代(ヒュンダイ)自動車だと思っていい。今シーズン開幕戦のモンテカルロこそシトロエンが勝ったものの、2位の現代自動車とわずか2.2秒差。

 3位にトヨタながら2分15秒も引き離された。昨シーズンを見ても、マニファクチャラーズとしてトヨタ最大のライバルは現代自動車といってよかろう。

日本勢が不在だったWRCで着実に地盤固めをしていたヒュンダイ。多くの勝利も手にしており、現在でもトヨタの直接的なライバルになっている

 ちなみにWRC参戦、ヨーロッパ市場で現代自動車の売れゆきに大きな影響を与えている。トヨタも昨年大きく販売台数を伸ばした。

 さて、トヨタと現代自動車、どちらが強いだろう? こらもう私の個人的な意見も入るけれど、トヨタだと考えます。

 というのも現代自動車は車体の開発もエンジンも”ほぼ”現地に丸投げだからだ。トヨタの場合、車体をフィンランドのTMRが作っているものの、ドイツにあるTMGの風洞などを使い開発している。

日本ではあまり話題にならなかったが2018年にWRCマニファクチャラータイトルを獲得したトヨタ。自社で開発をできる強みは大きく、WRCでも常勝チームになりつつある

 だからこそヤリスWRカーの空力は、ライバルより一歩前を行く。今やすべてのメーカーがヤリスWRカーに似てきてしまったほど。

 トヨタはエンジンもTMGで開発している。かつてF1のエンジンを開発し、それ以後、WECのエンジンも作り続けており技術的なノウハウは間違いなく世界TOPクラス。東富士との連携もキッチリ行ってます。

 現代自動車も優秀なスタッフを揃えているとはいえトヨタの規模に届かず。今シーズンから明らかな性能差がわかるようになってくるだろう。

 WRCで強くなればヨーロッパでのトヨタの販売台数も増えていくこと間違いなし。

【編集部まとめ】

 ようやく安心できる答えが聞けてホッとしたが、今回判明したのは、韓国車のグローバルでの恐るべき競争力だ。

 日本車も正直、ウカウカしてられない。今後も引き続き互いに刺激しあい、クルマのレベルを高めあっていただきたい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ