レクサスRC F ~進化版G-AIシフト制御で燃費と走り激変~

 デトロイトショーで公開されたRC Fのデザインはほぼこのまま。 ヘッドライトが少し変わる可能性がある。デビューは10月が予定されている


新型V8.5ℓは477㎰!10%以上のパワーアップ

 昨年11月の東京モーターショーで公開されたレクサスISの2ドアモデル〝RC〟のデビューが10月に迫った。

 今年1月にはこのRCのトップレンジともいえる〝RC F〟もデトロイトショーに登場し、あとは出るのを待つばかり、といった状況だ。

 そうしたなか、いよいよ市販向けの最終スペックが決まり、日本車初の装備なども判明したので紹介しておこう。ここ数カ月以内に登場するモデルで最も気になるスポーツモデルといっていいだろう。今回はその頂点に君臨するRC Fについてだ。

 発表はベースとなるRCと同時になるが、エクステリアデザイン、サイズなども専用となる。まずはボディサイズ。

 全長×全幅×全高は4705×1850×1390㎜と、これはデトロイトショーで公表された数字と同じ。ホイールベース2730㎜も同様だ。これに加え未公表だった重量は1780~1840㎏とわかった。

 60㎏の差があるが、これは装備によるもので、半年ほど遅れて発表されるカーボンを多用するライトウェイト仕様とは異なる。現行の4ドアモデルIS Fに比べ約100㎏の重量増になるが、10%以上改善されるエンジンパワーにより、このウェイト分を充分カバーする。

エンジン

 エンジンは2UR-SE。直噴のV8、5ℓガソリンエンジンとなる定常域ではアトキンソンサイクルで回し、燃費を稼ぐ。最高出力は477㎰、54・0㎏mとパワーは10%以上の向上を果たす。

 そうなのだ。パワーは5%以上の向上と説明されてきたが、RC FのV8、4968㏄、2UR-GSEは477㎰と現行モデルに比べると54㎰と、10%以上のパワーアップが図られる。

 発生回転は7100rpmと、500rpm高い回転で発生することになるが、トルクは2・5㎏m太く54.0㎏m/4800~5600rpmで、現行モデルよりも低い回転数からピークトルクが得られるようになる。

 結果として、JC08モードは8.1㎞/ℓと変わらないものの、出力の向上やウェイト増にもかかわらずまずまず良好な数字をマークするということだ。

 もちろん、燃費の向上に関してはエンジン内部の見直しなどもあげられる。ニューエンジンでは軽量なチタンバルブ、鍛造コンロッドなども採用するし、動的部分のヘッド回りのパーツ類も大きく手が入れられる。

 さらにアイシン製の8速ATも進化する。8スピードSPDS(スポーツダイレクトシフト)はマニュアル操作用のMポジション付きのスポーツATで、4つのモードが選べる。

 「ノーマルモード」のほか、「エコモード」「スポーツモード」「スポーツ+モード」があり、このスポーツATにはISなどにも採用されるものよりも大きく進化した「G-AIシフト制御」を採用。

 メルセデスベンツの大型トラックなどに採用されているGPSデータを使ったクルーズコントロールで、坂道でのシフトダウンなどを積極的に行うものがあるが、これはそれを大きく進化させ、クルーズコントロールだけでなく、自車の加減速G、車速などの状態を演算しながら最適なシフトを行うものだという。

 LFAでは、サーキット内というかぎられた場所で、GPSと連動し、各ギアを自動的にセレクトするシステムもあったが、RC Fの場合、一般路から高速までこのG-AIシフト制御が可能。

 ちなみにメルセデスベンツのトラック、アクトロスの場合、このGPS制御によるクルーズコントロールで3%の燃費の改善が図られるというが、RC Fの場合、燃費の改善だけでなく、走る楽しさ、気持ちのいい走りにも寄与するという。

 RC Fではこうした走りの演出のために、インパネ内に専用メーターが表示される。走行中のG、リアタイヤへの駆動力などをはじめ、スポーツ走行等の状態を示すメーターがディスプレイ上に表示されるものだ。

室内1
上質な本革を使った室内はラグジュアリーでありながらスポーティさも失わない。
ミッション
GPSと連動した新しいG-AIシフト制御を採用、専用メーター内に表示される。ミッションは8速AT
シート
フロントシートはバケットタイプ、リアシートはセパレートタイプでホールドはよさそう。

 そのほか、スポーツ走行のための装備としては、TVD(トルクベクタリングディファレンシャル)をFR車として世界初採用。

 左右の駆動輪を制御し、挙動を安定させるものだが、3つの走行モードから、挙動を設定できる。「スタンダード」「スラローム」「サーキット」の3モードでドライバーのコントロールの幅をもたせる狙いがありそうだ。

 ベースとなるRCはV6、3・5ℓのRC350と、直4、2・5ℓハイブリッドのRC300hが用意され、それぞれスポーツグレードの〝F〟も設定される。

 JC08モード燃費は350が9・8㎞/ℓ、300hが23・2㎞/ℓとなり、価格はRC350が約550万円、300hは520万円程度が予想される。

 そして、このRC Fは1000万円を切るベーシックグレードが用意され、上級グレードは1000万円を突破する。ボンネット、ルーフ、ウィングなどのカーボン化により10㎏軽量化される〝カーボンパッケージも少し遅れて開発される。

レクサスRC F 予想スペック
全長4705㎜
全幅1850㎜
全高1390㎜
ホイールベース2730㎜
車両重量1780~1840㎏
エンジンV8、直噴ガソリンDOHC
排気量4968㏄
最高出力477㎰/7100rpm
最大トルク54.0kgm/4800~5600rpm
JC08モード燃費8.1㎞/ℓ
価格950万円
back
左右に斜めに2本ずつ配置されるマフラーはIS Fと同じ
マフラー
バンパー中央部のえぐりは大きく空力はよさそう。
ボンネット
ボンネット上にはNAなのにエアアウトレットが設けられる

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ