祝・新型エスティマ開発再開 極秘情報掴んだ!!!!新しい未来のミニバン2021年登場

次期エスティマは開発継続~中止→年内モデル終了!?!? と情報が錯綜してきたが、ここにきて「一時中断されていた次期エスティマの開発が再開した」との情報を、ベストカー本誌スクープ班がキャッチした。

はたして、次期エスティマはどんなミニバンに生まれ変わるのか。EVになるのか? FCVになるのか?いま教えられる情報のすべて教えます!

文/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年4月10日号「TOYOTAエスティマの大進化」より


■次期エスティマはFCV専用車として開発か?!

ベストカー編集部が掴んだデザイン情報をもとに作成した予想CG、フューエルセル(燃料電池ユニット)搭載を念頭に置いた新開発プラットフォームは、もちろんTNGAコンセプトに基づいたもので、低床化により全高を低く抑え、スタイリッシュな多人数乗車モビリティとなる

現在発売中のエスティマは3代目で、フルモデルチェンジして登場したのは2006年1月のことなので、すでに13年が経過している。

2016年6月にはフロントマスクをリファインするとともに3.5L、V6エンジン搭載モデルを廃止するなど、大がかりなマイナーチェンジを実施したものの、基本設計の古さは隠せなくなってきた。

とはいえ、昨年の年間販売台数はハイブリッドと2.4Lガソリンエンジン車合わせて9060台、つまり月販平均750台程度で、往年の売れ行きを考えるとやや寂しいものの、シビック5ドアハッチバックにも匹敵する販売。

デビューからの年数を考えれば大健闘中といえるだろう。ユーザーの新型エスティマ待望論は根強く、販売店からも新型投入の声が多く寄せられているのだ。

次期型エスティマについてはこれまでも『開発中』という情報が寄せられていたいっぽうで、『開発中断』……、今年中に現行モデルは生産終了…などという情報が入り、錯綜してきた経緯がある。

実際にトヨタ内部でも次期型エスティマを想定しているのかはともかくとして、「次世代の新たなモビリティ」として先進的なボディ形状をした多人数乗車を目的とした移動体(あえて「クルマ」とは限定しない)の研究開発は継続されている。

この「新たなモビリティ」と「次期型エスティマ」の開発情報が錯綜していたことが、チグハグな話になった原因のようだ。

■いつも「近未来」だったエスティマ

1990年5月に市販開始された初代エスティマは「天才タマゴ」のキャッチフレーズのとおり、当時としては近未来的なワンモーションフォルムを採用

初代エスティマのデザインコンセプトを盛り込んだ5ナンバーサイズのルシーダ/エミーナを1992年1月に追加した

2000年1月に登場した2代目エスティマは一般的なフロントエンジンのパッケージング。2001年6月にはHVが追加

3代目エスティマは2006年1月発売。全てのピラーをブラックアウトし、ルーフが浮いているようなイメージのフローティングルーフ。プラットフォームはフロントがRAV4などに採用の新MCプラットフォームを使用し、リアは専用設計で2代目アルファードと共通

2016年6月6日、3度目のマイナーチェンジが施された現行型。外観はフロントデザインが一新され、LEDクリアランスランプを内蔵したBi-Beam LEDヘッドランプはアッパーグリルから連続してサイドまで回り込んだ薄型に変更するとともに、アッパーグリルを大口化し、バンパーコーナーを張り出した造形

■時代の一歩半先をいくのがエスティマ

写真はMIRAIのFCスタック、コントロールユニットだが、発電効率などは日々進化している

振り返ってみれば、初代エスティマが初登場したのは平成元年の東京モーターショーでのことだった。まずはコンセプトモデルが発表され、翌平成2年、1990年5月に発売開始となった。

「天才タマゴ」とキャッチフレーズされた初代エスティマは、まだ現在のようにミニバンがカテゴリーとして確立される以前の時代に、ワンモーションフォルムのボディに3列シートの7〜8人乗りとした。当時の多人数乗車といえばキャブオーバー1BOXのタウンエース/ライトエースやキャラバンの時代。まさに近未来的なクルマだった。

初代エスティマはパワートレーンも凝っていて、もともとはコンパクトなS2エンジン(2サイクルスーパーチャージャーエンジン)を搭載することを念頭に開発されたフラットフロアの前輪駆動なのだが、結局S2エンジンが開発断念となってしまったため、お蔵入りになるところを、通常の2.4L、直4エンジンを75度横倒しにして搭載することでアンダーフロアミドシップ前輪駆動という特異なパッケージングを実現した。まさに「天才」的な発想だったのだ。

この初代エスティマは10年弱販売され(その過程でルシーダ/エミーナなどの派生車も誕生し)、2000年1月には2代目がデビューする。

この2代目はその時代では一般的なフロントエンジン搭載で前輪を駆動するミニバンとなったが、すでにこの時期に存在していたノア/ヴォクシーやステップワゴン、オデッセイなどと比べてスタイリッシュなエクステリアに上級車感を感じさせるインテリアなどで、やはりちょっと先進的なスタイリッシュミニバンとしてのポジションを確立していった。

前置きが長くなったが、話を元に戻して、「では、次期型エスティマはあるのか!? ないのか!?!?」だが、結論からいえば、開発は再開され、2021年に新型エスティマがデビューする!

やはり市場からのニーズが多いことが最大の理由で、それは日本国内だけではなく、北米(プレビアの名称で販売されている)からの要望も大きいのだという。

欧州では現状では日本国内ほどの大きな期待論はないものの、今後電動化時代に向けて欧州メーカーが相次いで新プラットフォームを開発することで、フラットフロアの多人数乗車モビリティが登場することになる。それを見据えて新型エスティマが投入されることも狙いのひとつとなる。

■FCVはピュアEVへの布石か!?

次期型エスティマは3mにもなるロングホイールベースとなり、フラットフロアと合わせて、広い室内空間を生み出す

次期型エスティマのエクステリアはここで紹介したものが"ほぼ最終案"として提案されているというのが、本誌スクープ班が掴んだ最新情報。低いルーフのワンモーションフォルムからもわかるように、低床フラットフロアの新プラットフォームが開発される。もちろんTNGAコンセプトに基づいたものとなる。

このフォルムから連想されるのが前回の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「FINE-Comfort Ride」。

燃料電池(FC)をパワートレーンとした低床フラットフロアの4+2人乗りの、近未来のモビリティをイメージしたコンセプトカーだったが、当時から「次期型エスティマか!?」と言われていたとおり、このパッケージングコンセプトを活かしたのが現在開発中の次期型エスティマということになる。

前回、2017年の東京モーターショーに出展された「FINE-Comfort Ride」はFCをパワーユニットとしたフラットフロアの4+2人乗車の移動体。次期型エスティマの基本コンセプトか!?

トヨタはFCVについては本気で取り組んでおり、既報のとおり2021年のデビューを目指して次期型MIRAIの開発が進行しているとともに、レクサスLSにもFCモデルが追加される計画。

次期型エスティマがFC専用車となることはないだろうが、FCVを軸に2.5Lハイブリッドモデルもラインナップし、さらにはピュアEVをも念頭に置いている、とスクープ班はみている。

EVへとシフトをするフォルクスワーゲンは、I.D.BUZZの市販モデルを2020年に向けて開発中。欧州も多人数乗車モビリティ時代となる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ