新型ジムニーはなぜ大成功したのか 破竹の快進撃続行中!!

 スズキ・ジムニーの快進撃が止まらない。

 2018年12月の月販販売台数を見ると、ジムニーが1706台(前年同月比173.2%)、ジムニーシエラが934台(同1279.5%!)。2019年1月はジムニー2410台(同178%)、シエラが1345台(同1724.4%!!)、2月はジムニー2934台(同164.9%)、シエラ1492台(同1434.6%!!!!)。

 ちなみに発表発売当初、新型ジムニーの月販目標台数は1250台(年間1万5000台)で、ジムニーシエラにいたっては100台(年間1200台)だった。

 これを見てわかるのは、どうやらスズキは頑張って増産しているようだが、作ったはしからじゃんじゃん売れていて、生産がまったく間に合っていないということだ。

 2018年に登場した新型車の中でも台風の目といっていい新型ジムニー。

 なぜこれほど話題作となり、ヒット作となったのか?

 現時点での納車待ち状況と販売店の声、市場動向や展望などを、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に(現場に取材してもらいつつ)じっくり伺った。

文:遠藤徹


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ