エアロスター ”変わらぬ信頼”と”たゆまぬ進化”

三菱ふそうの路線バス エアロスター

”いいもの”は長い間、変わらないものだ・・・


 門外漢には一見「同じ」に見える路線バスだが、マニア視点で見ると案外奥は深いもので、マイチェン(マイナーチェンジ)を繰り返しながら細部をブラッシュアップして進化をつづけているのである。バリエーションも豊富で、同じモデルのバスでも事業者ごとに細かい仕様が異なっていたりして、知れば知るほど奥が深い。

 乗用車のように4~5年ごとにフルモデルチェンジするというものはなく、1世代が10年以上継続して製造され、そしていざフルモデルチェンジ!!をしても、「ん!?どこが変わったの・・・?」というマイチェンのようなフルモデルチェンジだったりする。

 三菱ふそうが誇る路線バス「エアロスター」のデビューは’84年で今年めでたく30周年を迎えたのだが、’96年に一度フルモデルチェンジをしたのみで現在2代目。18年間継続生産されていて、最新の2014年モデルに進化しているのでありました。

 最近ではノンステップ仕様が追加されたり、ハイブリッドモデルが登場するいっぽう、2010年にはポスト新長期対応でエンジンが従来の9.2リットルから7.5リットルに小排気量化されるなどの変更が加えられており、常に最新のテクノロジーが盛り込まれているのだ。

 いいものは大きく変わる必要がない。エアロスターも「定番」の”いいもの”ということなんだな。

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ