【新古車は買える? 下取りが高い色は? …等々】 謎多きクルマ売買「虎の巻」


 実際にクルマを購入する場合、よくあるバイヤーズガイドなどでは紹介されていない問題にぶち当たることも多い。

 担当となる営業の人によって値引き額が違うのか、納期を縮めるにはどうすればいいのか、はたまたフルモデルチェンジ前のクルマが欲しいんだけどどうすればいいのか…などなどだ。

 そんなユーザーが抱えるいろいろな問題を解決しようというのがこの企画。クルマ購入の様々なギモンに答えてくれるのは、本誌『ベストカー』の「地獄耳スクープ」でもおなじみ、月に200店のディーラーを回る流通ジャーナリスト遠藤徹氏。

 最強の指南役のアドバイスを元に、手放す時のことも考えたベストな買い物を、ぜひ!

※本稿は2019年2月のものです
文:遠藤 徹、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■展示車両や試乗車両って安く売ってもらえるんですか?

 うまく出会えれば展示車や試乗車は大幅値引きで買える場合が多い。

 小型車クラスで20万円引きが一般的だとすれば35万円以上は可能だ。

 ただしケースバイケースでその度合いは変わる。それは営業マンとの交渉次第といえる。試乗車両のほうが痛みが多く、走行距離も伸びているのであれば安くなる。小型車クラスで40万円以上の値引きなどがある。

■10月に消費税が上がりますが、9月末日までに契約書に判を押せばOKですか?

 10月1日に消費税が10%に引き上げられるが、9月末までに契約書に判を押したのでは間に合わない場合が多い。新車はナンバーを取得した時点で課税されるので、その前に登録や届出手続き&取得を終えていなければならない。

 ただし販売店によっては間に合わず課税されてしまったら、その分は値引きの上乗せでカバーするところもある。

営業マンはアナタを見ている。値引き交渉で有利に立つにはなにより「粘り」が大切なのです

次ページは : ■年末商戦より、新年になってからクルマを買ったほうがメリットは大きい?