BMW MINIの世界を徹底研究!!

 今年3月にFMCされ、現行型の3代目モデルとなったBMWミニ。販売台数の方も’09年の1万1002台から昨年の1万6982台まで毎年前年度を超える好調ぶりだが、今年は主力のHB車が新型に切り替わり、ますますその勢いが加速しそうだ。そこで、改めてミニの世界を覗いてみることにしょう。

いよいよ日本でも販売スタート!!

最量販グレード「ONE」登場

 2014年7月1日、3ドアHBモデルにエントリーグレードの「ONE」が追加された。シンプルでプレーンなエクステリアで、クーパーやクーパーSとはまた違った魅力を持つのがミニONEの特徴だ。エントリーグレードとはいってもこちらを好むユーザーも多く、登場を待っていた読者も多かったはずだ。

 エンジンは102ps/18.4kgmの直3,1.2ℓ直噴ターボを搭載。JC08モード燃費は20.2km/ℓをマークし、先代ミニONEから約10%向上させている。もちろん、エコカー減税対象車となり、自動車取得税が60%減税、重量税が50%減税となる。気になる価格はというと、6MT車が226万円、6AT車が240万円とひとつ上のグレードであるクーパーの各々40万円安となる。

新型ONE2
ONEのプレーンでシンプルなエクステリアを好むユーザーも多い  
2
インテリアではUSBオーディオインターフェイスなどを標準装備に  

 また、欧州ではこのONEのさらに下のグレードとなる「ONE ファースト」の設定が今年6月に発表されている。ONEと同じ直3、1.2ℓ直噴ターボを積んでいるのだが、そのスペックは75ps/15.3kgmにダウンされている。

 現時点で日本への導入は未定だが、もし日本で発売されれば200万円前後の価格が予想され、JC08モード燃費もONEより向上されるのは確実で期待大だ!

今後続々とデビュー予定!!

 楽しみなミニの派生モデルだち

 現在、新型に切り替わっているのは3ドアHBモデルのみで、クロスオーバーやコンバーチブルなどほかの派生ボディバリエーションについては先代ベースのまま販売が継続中だ。が、この後に続々とマイチェン、もしくは新型ベースのモデルに切り替わっていく予定だ。そこで、本国での販売スケジュールなどから日本導入予定を見ていこう。

■新型ミニクロスオーバー

マイチェンされたミニクロスオーバー。写真はクーパーSクロスオーバーだが、フロントグリルには従来型にはなかったクロームタイプのルーパーと深紅のSエンブレムがついてくるのが新型の識別ポイントとなる
マイチェンされたミニクロスオーバー。写真はクーパーSクロスオーバーだが、フロントグリルには従来型にはなかったクロームタイプのルーパーと深紅のSエンブレムがついてくるのが新型の識別ポイントとなる  

 欧州では「カントリーマン」の車名で販売されているクロスオーバーSUVミニだが、日本ではミニ全体の販売のなかでも約4割を占める人気モデルとなっている。今年4月のニューヨークショーではそのマイチェンモデルが発表され、今年7月から正式に欧州で販売が開始されている。

 エクステリアではフロントグリルの形状が一新され、前後バンパーの下部とサイドシルにはアンダーライドガイドを装着してSUVらしさが高められている。ボディカラーにはジャングルグリーンメタリックなどの新色が追加されたほか、オプションでミニ初となるピアノブラックエクステリア塗装が用意される。

 インテリアでは、スピードメーターやタコメーター用のダークカラーの文字盤が採用され、エアコンの送風口がクローム仕上げに変更され、より洗練した雰囲気にまとめられている。

 また、搭載する直4,1.6ℓ直噴ターボエンジンは、クーパーSクロスオーバーのみ従来型の184ps/5500rpmから190ps/5500~6600rpmへと少しだけパワーアップしている。そのほかのグレードでは特に変更はない。

 気になる日本導入の時期は今年秋ごろになりそう。

■新型ミニペースマン

同じくマイチェンを受けたペースマン。その内容はクロスオーバーにぼぼ準じていて、新しいボディカラーの設定やインテリアの変更、クーパーSペースマンのエンジン出力向上など
同じくマイチェンを受けたペースマン。その内容はクロスオーバーにぼぼ準じていて、新しいボディカラーの設定やインテリアの変更、クーパーSペースマンのエンジン出力向上など  

 続いてクーペスタイルを持つSUVのペースマンも今年7月から欧州でマイチェンモデルが販売開始となった。

 エクステリアの変更は大きなものではなく、ジョンクーパーワークスペースマンではグリル内に赤いルーバーが設置され、クーパーSペースマンにはやや歪んだ形状のSマークが取り付けられた程度。

 ボディカラーにジャングルグリーンメタリックなどの浸食が設定されたり、オプションでピアノブラックエクステリア塗装が用意されたりするのはクロスオーバーと同じだ。

 インテリアの変更についてもクロスオーバーのマイチェンモデルに準じた内容になっている。

 エンジンに関しても同様で、クーパーSペースマンの直4、1.6ℓ直噴ターボエンジンのみ、従来の184ps/5500rpmから190ps/5500~6600rpmへと変更されている。こちらも日本導入は今年の秋頃を予定している。

■新型ミニ5ドアHBモデル

 今年のミニの追加モデルのなかでも目玉となりそうなのがBMWミニ歴代初となる「ミニ5ドア」だ。すでにBMWの英国オックスフォード工場では生産が始まっており、今年10月から欧州での販売がスタートする。

 新型の3ドアから全長と全高を拡大し、室内スペース(3ドアから頭上空間で15mm、室内幅を61mm拡大)とラゲッジスペース(3ドアから67ℓ拡大した278ℓ)を向上。そのボディサイズは全長3982mm(クーパーSは4005mm)、全幅1727mm、全高1425mmと、3ドアより全長で161mm、全高で11mmサイズアップされている。

 ホイールベースは2567mmで、3ドアから72mm延長され、そのぶんを後席の居住スペースに充てているという。

6
3ドアをベースに5ドア化。日本へは年内に導入予定。  

 また、3ドアの場合は後席の乗車定員は2名で、計4名だったのだが、5ドアでは後席の定員が3名となり、計5人となるのが大きな特徴だ。ファミリーユースにも充分対応でき、日本のコンパクトカーにとってもその存在は脅威となるかも。

 欧州ではエンジンは直4,2ℓターボと直3,1.5ℓターボ、さらに2種類のディーゼルエンジンが設定されるのだが、日本導入時にはガソリンターボの2種類となる可能性が高い。その日本導入時期は今年末となりそうだ。

■そのほかのミニ派生モデル

歴代史上最強となる新型ミニベースのジョンクーパーワークスモデル。直4、2ℓ直噴ターボエンジンは230pms/39.4kgmを発揮する
歴代史上最強となる新型ミニベースのジョンクーパーワークスモデル。直4、2ℓ直噴ターボエンジンは230pms/39.4kgmを発揮する  

 今年3月のジュネーブショーでコンセプトモデルが公開された新型ミニクラブマン。ボディ右側にクラブドアという後席用ドアを持つ現行型に対し、次期型は左右に2枚ずつ通常のヒンジドアを持つ。

 後部ドアの観音開きは引き続き採用され、ボディサイズは全長4223×全幅1844×全高1450mmとかなりサイズアップし、3ナンバー車に。欧州では9月のパリサロンで市販モデルが公開され、今年中に市販されるとみられる。

 同じく今年9月のパリサロンでは新型3ドアベースのカブリオレも公開されそう。こちらも欧州では年内に販売される。

 また、来年1月のデトロイトショーで公開されるのが3ドアモデル最強グレード、ジョンクーパーワークス。直4,2ℓ直噴ターボは歴代最強となる230ps/39.4kgmを発揮し、超ホットモデルとしてデビューすることになりそうだ。

今年のジュネーブショーで公開のミニクラブマンコンセプト。リアの観音開きドアは継続
今年のジュネーブショーで公開のミニクラブマンコンセプト。リアの観音開きドアは継続  
新型3ドアHBをベースにしたカブリオレは今年秋のパリサロンで公開か!?
新型3ドアHBをベースにしたカブリオレは今年秋のパリサロンで公開か!?  

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ