早ぇぇぇぇ!! スーパーカー並の加速!! ボルボEX30は中も外もスゴかった

早ぇぇぇぇ!! スーパーカー並の加速!! ボルボEX30は中も外もスゴかった

 ボルボは2023年6月7日、同社で4番目のEVとなるコンパクトSUV「EX30」を発表。そのEX30が、早速、日本でもメディア向けに初公開された。なんと0-100km/hの加速はボルボ史上最速の3.6秒を達成。ボルボが期待する、BセグメントBEVは、新たな風穴を開けるのか? 早速レポート!!

文&写真:成田颯一

■0-100km/hはボルボ史上最速の3.6秒!

小型ながら4WDで428hpのパワーを発揮し、加速は、0-100km/hを3.6秒とボルボ史上最速だ
小型ながら4WDで428hpのパワーを発揮し、加速は、0-100km/hを3.6秒とボルボ史上最速だ

 EX30には3つのパワートレインと2種類のバッテリーを用意されており、ちょっとした買い物や、送り迎えなどといった用途にはLFPバッテリー(リン酸鉄リチウム)を搭載した、「シングルモーター」。

 そしてNMCバッテリー(リチウム、ニッケル、マンガン、コバルト)を使用し、LFPバッテリーよりも効率的にエネルギーを生成することで、最大航続距離を480kmにまで伸ばした、「シングルモーター・エクステンデッドレンジ」を用意。

 さらに、NMCバッテリーに追加モーターを備えた、「ツインモーターパフォーマンス」が設定。4WDで428hpのパワーを発揮し、加速は、0-100km/hを3.6秒とボルボ史上最速だ。

 全長4233mmと小型でありながら、スタイリッシュな前面、そして特徴的なヘッドランプとテールランプには、ボルボのロゴがアクセントとして加わっている。20インチタイヤを装着し、空力を重視したというホイールデザインは、アルミにホイールキャップを合わせたハイブリッド式となる。

■スピードメーターが無い!?車内はまさに未来のクルマ

内装の撮影は叶わなかったものの、12.3インチのセンターディスプレイは外からも目を引く
内装の撮影は叶わなかったものの、12.3インチのセンターディスプレイは外からも目を引く

 ボディカラーは5色がラインナップ、内装はテーマごとで4種類が用意。シートは、動物由来のものを一切使用していないシートの素材は、再生可能な素材や、リサイクル素材を使用している。

 今回、内装の撮影は叶わなかったものの、センターコンソールのストレージスペースなどには、北欧らしい模様の、アレンジが加えられていた。

 そして車内で目を引いたのは、12.3インチのセンターディスプレイ。スピードメーターをはじめとしたドライバー情報は、このセンターディスプレイに集約。

 またパワーウインドウのスイッチはドアから無くして、1つに集約。車内は、BEVだからこそできる、非常にシンプルな仕上がりになっている。また、オーディオは米国の老舗オーディオメーカー、ハーマン・カードン製のサウンドバーを装備し、上質なサウンドを味わうことができるようだ。

リアのパワフルながら洗練されたデザイン
リアのパワフルながら洗練されたデザイン

 国産小型SUVの同じサイズでは、CX-3やヤリスクロスがあるが、日本人にとっては大きすぎず、小さすぎないがちょうどいいサイズ感。そんなBセグメントのBEVはまだ少なく、ここに可能性を秘めているとボルボは期待しているようだ。

 すでにプレオーダーはスタートしており、早速、アメリカを中心に問い合わせが殺到とのこと。価格は、EX30の30に合わせた価格になるとのことで、日本での発売が待ち遠しい!!

【画像ギャラリー】小さくてもボルボ史上最速の加速!!  「EX30」日本初公開(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!