【閉じ込め事故年間2万件!!】命をつなぐ車内緊急脱出ツール「レスキューマン」を装備せよ!

 自動車用緊急脱出ハンマーは交通事故や水没事故などで車内に閉じ込められたときに、ウインドウガラスを割って車外に緊急脱出するために使用する、緊急脱出ツール、レスキューマンを知っているだろうか?

 近年、衝突・追突・横転事故、ゲリラ豪雨などの自然災害により車内から脱出できなくなる車内缶詰事故が多発し、クルマに閉じ込められ脱出できない人は年間2万333人、車内缶詰事故で焼死、溺死した人は年間169人(平成28年消防白書、厚生労働省人口動態統計)となっている。 

 現在、トヨタ(レクサス含む)、日産、ホンダアクセス、マツダ、ダイハツ、三菱などに純正オプションとして販売されているのだが、発炎筒のように装着が義務化されているわけではない。万一のことを考えると、標準装備にしてもいいのではないだろうか。

 ここで改めてレスキューマンにスポットを当て、どのようなものなのか、迫ってみたい。

文/高根英幸 
写真/ベストカーWEB編集部 丸愛産業 Adobe Stock


■クルマは50cm水没したらドアが開かなくなる

クルマが水没するまで4〜5分かかり、水深50cmでドアが開かなくなってしまう

 地球温暖化の影響か、ここ数年の異常気象による水害はちょっとシャレにならないほどの被害を及ぼしている。

 クルマで移動する人々にとって、道路が冠水してしまうと路肩や凹凸が分からなくなったり、アンダーパスなどの地下路では水深が一気に深まってしまうのは危険過ぎる状況だ。

 さらにヒドい浸水になるとクルマが流されてしまうほどの激流が襲ってくることもあった。そうした水害の犠牲になられた方にはお悔やみを申し上げるしかないが、今や集中豪雨は異常気象と呼べないくらい毎年のように起こっている。

 そのため自分の身は自分で守ることが求められる。治安が良いと言われる日本だが、犯罪からだけでなく災害からも自衛する必要が生じる時代になったのだ。

 通常の車両故障ならロードサービスを呼んで待っていればいいかもしれないが、災害時には悠長なことは言っていられない。短時間に状況を把握して、安全な場所に避難することが生死を分けることもあるのだ。

 しかしクルマが水没してしまったら、50cm以上浸水すると、水圧でドアは開かなくなるし、電気系統はショートすればパワーウインドウのクルマは窓も開けられない。

 水圧が均等に掛かっている窓は、ガラスを割って脱出しようとするなら、1点だけに集中して強い力でガラスに衝撃を与える必要があるのだ。

 交通事故の際もそうだ。クルマの衝突安全性が高まっているとはいえ、実際に衝突事故が起これば、その後の行動で運命が分かれることもあり得る。

 衝突時の衝撃でシートベルトのバックルとタングが変形して噛み込んでしまい、クルマから脱出できない、なんてこともある。だからクルマには緊急時の脱出を助ける道具を搭載しておくことが大事なのだ。

■緊急脱出ツール、レスキューマンIII

レスキューマンⅢの製作メーカーは丸愛産業。カッター刃の交換は性能維持のため5年を目安に新品に交換したほうがいいとのこと
シートベルトは2秒以内でカットすることができる

 このような状況のなかで、最大限に威力を発揮するのが、クルマ用の緊急脱出専用ツールとして開発されたレスキューマンⅢだ。

 これはサイドウインドウを叩き割るためのピンポイントハンマーと、シートベルトを切断できるカッターを1つにまとめたもので、クルマに常備していても安全で、しかもいざという時に使いやすく誰でも正しい使い方ができるという点が素晴らしい。

 ナイフなどの刃物は、使い慣れた人でなければ、いざという時にとっさに安全に使いこなすことは難しい。さらに刃渡り6cm以上のナイフは正当な理由がなければ所持できないから、クルマに常備できる使いやすい道具とは言い難い。

■メーカーが純正オプションとして用意

価格は2484円(メーカーによって価格は変動あり)
トヨタをはじめ国産自動車メーカーが純正アクセサリーとして採用しているレスキューマンIII

 このレスキューマン、改良を重ねて、現在のモノは3代目。ディーラーではクルマに標準装備としているところもある。フロアマットやサイドバイザーなどの付属品に含めているディーラーもある。

 トヨタ、レクサス、日産、ホンダアクセス、マツダ、三菱、ダイハツなどに純正アクセサリーとして用意され、年間18万本販売されているそうだ(丸愛産業)。カー用品店やインターネットの通販サイトでも購入できる。価格は2484円(メーカーによっては価格変動あり)。

 また警視庁をはじめ、大阪府県警本部、神奈川県警警察本部など全国の21の警察本部や日本道路公団、日本自動車連盟などがレスキューマンを装備しているという。

 でも、いまだに認知度が十分ではない印象を受ける。もちろん大部分のユーザーがこうした緊急脱出用ツールを使う機会などないだろうし、ディーラーで販売していても説明を聞き流して、その役割を知らずに次のクルマに買い替えてしまうオーナーもいるだろう。

 しかし、冒頭のように昨今は集中豪雨などで水害が起こることも珍しくなくなってきたのだ。万が一のために常備しておいて、使い方をマスターしておくべきだ。

 タバコを吸う人が少なくなったのだから、サイドバイザーなどより有り難みのあるアクセサリーであり、すべての自動車ディーラーが付属品として、標準装備にするべきだ。

 また、後席シートベルトの着用の義務化に伴い、首や腹部にベルトを巻き付け、外れなくなる事故が多発していることからも、前後席への装備が必要といえる。さらにミニバンなど多人数で乗車する場合は2列目、3列目にも装備したほうがいいだろう。

 繰り返すが、今までは緊急脱出用ツールの必要性は高くなかったかもしれないが、自然災害が深刻化している現在は、スペアタイヤは積まなくなっても(オプション設定のクルマも増えた)緊急脱出用ツールは常備しておくべきだと断言しよう。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ