今年注目の新ジャンルバイク「トライク」ってなんだ!?


 最近何かと注目されているのが〝トライク〟と呼ばれるバイクなどをベースに改造された3輪車。ネットなどで話題になった千葉県のバットマンこと〝千葉ットマン〟が乗っているのもトライクの一種だ。

 そして、今年はアメリカを代表するバイクメーカー〝ハーレーダビッドソン〟が自ら開発したトライクを日本で発売。ますます注目度アップ中の3輪車〝トライク〟の基本のキから最新事情まで迫ります!

 文:西村直人/写真:ベストカー編集部


どんな種類があるの?

 タイヤが3輪ある乗り物のうち、モーターサイクル(バイク)の構造(例:跨がる方式のシート、バーハンドル、ドアがないなど)を踏襲したものを「トライク」という。外観的な特徴は前1輪、後2輪の車体構成で、真上から見るとタイヤが三角形の位置関係で構成されている3ホイーラーであることだ。そうなると「サイドカーだって3輪でしょ」となるが、直進時のタイヤ軌跡が3本となることが「サイドカー」との決定的な違い。

 ならば「宅配ピザ屋の3輪バイクはトライク?」と解釈されてしまいそうだが、じつはこれも違う。「トライク」のもうひとつの特徴は、コーナリング時に車体やタイヤを傾ける(バンクさせる)ことなく走ることにある。この点、宅配用3輪バイク(49㏄)は、コーナリング時に車体を傾けて走り、後輪のトレッドが460㎜未満であることなどから、「トライク」ではなく「原付三輪」に分類されるのだ。

 また、タイヤ軌跡は3本あるものの、「トライク」と違って前2輪、後1輪でコーナリング時にバンクさせない乗り物もある。これは「トライク」を逆にしたような見た目から「逆トライク」「リバーストライク」と呼ばれている。

HARLEY-DAVIDSON FLHTCUTG トライグライド ウルトラ

ハーレダビッドソンのFLHTCUTG トライグライド ウルトラ

どこでも乗れる?

「トライク」は道路交通法上の「3輪の自動車」に分類されるため、ナンバープレートが交付された「トライク」はクルマやバイクと同じように、一般道、高速道路などでの走行が可能。高速自動車国道や自動車専用道路を走る場合、バイクと同じく搭載エンジンが125㏄以上であることが必須。法定速度は80㎞/hとバイクより20㎞/h低いが、料金はバイクと同じ。

次ページは : 何人乗りなの?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ