後世に残したいニッポンのクルマ文化財~クルマ環境編


●愛車を世界でイチバン大事にする日本人

 なんたってクルマは「家の次に高い買い物」という意識が根強い日本だけに、洗車の回数とキズのリペアなら世界一だろう。欧米ではクルマは単なる「ゲタ代わり」で、ヘコんでも泥がはねてしまっても気にしない。縦列駐車していた愛車を前後のクルマにぶつけて発車するくらいだから日本人からすればちょっと信じられない感覚かも。

 そもそも日本人はクルマのありがたみや大事さを充分に実感している。だから高級車であろうが、コンパクトカーであろうが、いつも洗車してキレイにしているクルマが多いというワケだ。周りに海があっても田んぼがあっても、なぜか愛車だけはピカピカなのだ。  

 また、カーウォッシュの洗車技術も日本が世界ナンバーワンだそうで、このあたりは日本人の美意識が強く感じられる。

●ディーラーでのサービスのよさは世界一!

 クルマの値引き交渉はどの国でも基本的にはあるのだが、米国やオーストラリアなどはキャッシュバック方式を採っていて、いったん全額を預かってから納車時に一定額を返還するんだという。でも、商談中にコーヒーやジュースが無料でふるまわれたり、来場者プレゼントや成約記念プレゼントなどがある日本のほうが嬉しいかも。

次ページは : ●タクシーが簡単につかまる! しかもクルマがキレイ!