この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「ホンダZR-V」編[5]

この中から「今年の1台」が決まる!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト車「ホンダZR-V」編[5]

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、自動車関連メディア39媒体が主催する、日本でもっとも権威のある賞典。毎年一定期間(今年は2022年11月1日~2023年10月31日)にデビューした国内外の新型車の中から「今年を代表する1台」を選出する。

 今年のエントリー車は全34車種で、各メディア(実行委員会)から選出された自動車に造詣の深い選考委員60名により、一次予選としてまず「10ベストカー」が10台選出された。ここではその10台のうちの1台、ホンダZR-Vを紹介します。

文/ベストカーWeb編集部


ホンダZR-Vの特徴と最終選考会

ZR-Vは縦桟グリルが特徴的。スポーティな走りはクラストップレベル
ZR-Vは縦桟グリルが特徴的。スポーティな走りはクラストップレベル

 ホンダZR-VはホンダのブランニューミドルクラスSUVで、2022年11月17日に正式発表され、2023年4月21日に販売を開始となった。

 ZR-VはヴェゼルとCR-V(日本では販売終了)の間に位置するサイズのSUVで、プラットフォーム、パワートレーンはシビックと共用する。

 パワーユニットは、1.5L、直4ターボと2ℓ、直4のe:HEVの2本立て。1.5ℓターボのパンチのきいた走りも魅力的だが、世界で最も楽しい走りのハイブリッドと定評のあるシビックe:HEVの流れを汲むe:HEVの魅力は高い。特にステップドシフトを駆使してワイディングなどを走った時の爽快感は特筆レベル。

 モーター4WDが増えてきているなか、ZR-Vは機械式の4WDを採用。ホンダは4WDのイメージが薄いが、高い走破性を持っているので降雪地域でも安心できる。

 ZR-Vはこれまでホンダの弱点であったミドルクラスSUVマーケットで新たなユーザーを獲得し、ホンダファンの応援を背に、イヤーカー受賞を目指す。

 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会は2023年12月7日。下記10台の中から「今年の1台」(イヤーカー)が発表される。乞うご期待!!

株式会社SUBARU:SUBARUクロストレック
トヨタ自動車株式会社:トヨタ アルファード/ヴェルファイア
トヨタ自動車株式会社:トヨタ プリウス
日産自動車株式会社:日産 セレナ
本田技研工業株式会社:ホンダ ZR-V
三菱自動車工業株式会社:三菱 デリカミニ
Stellantisジャパン株式会社:アバルト 500e
ビー・エム・ダブリュー株式会社:BMW X1
マセラティ ジャパン株式会社:マセラティ グレカーレ
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社:フォルクスワーゲン ID.4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します