【新刊情報】 ベストカープラス-36号


bcplus_title02

今号のメインテーマは『日産大特集』です。

 日産ファンの方にはもちろんのこと、ファンでない方にも楽しんでいただけるよう、様々な角度から日産と日産車を見つめなおしました。かつては、スカイライン、GT-R、フェアレディZなど、スポーティカーを中心にたくさんのユーザーを魅了してきた日産ですが、ここ数年は、国内ラインアップでは元気がないように見えます。

 今の日産はどうなっているのか?日産の魅力とは?じっくり検証しましたので、誌面で確認してみてください。

◆日産特集 PART 1

 巻頭のトップ企画は「松田次生&R・クインタレッリ 日産スポーツ 一気試乗」です。昨年のGTチャンピオンである、NISMOチームの松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手という豪華コンビが、最新の日産スポーツを評価します。

 試乗したのは、GT-R、フェアレディZ NISOMO、ジュークNISMO、ノートNISMO、エルグランドNISMOパフォーマンスパッケージ、デイズルークスの計6台。 最高峰のGT-Rから軽自動車まで幅広く評価してもらった。はたして彼らの感想は?

 そのほか、巻頭では、ファンの間で待望されているIDx、ジュネーブショーで公開されたQX30やスウェイなどの最新情報を紹介する。

  • 【新・名車おもな企画】
  • ・SCOOP!現行日産車すべての「次」
  • ・日産セダンの実力診断
  • ・荒聖治のGT-R
  • ・古いサニーを愛するファン
  • ・横浜F・マリノス選手の愛車拝見
  • など

次ページは : ◆日産特集PART2・3

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ