【トヨタ、シトロエン…】よくぞここまで!! 「顔」に特徴のあるクルマ5選


マクラーレンP1

 マクラーレンP1は2013年のジュネーブショーで正式発表され、日本での販売価格は約1億円というスーパースポーツカーだ。世界限定375台といわれている。

 3.8L、V8ツインターボにモーターを組み合わせてシステム出力は916psというモンスターで、あっという間に完売した。

 とにかく世界を代表するハイブリッドスーパースポーツカーなのだが、フロントマスクがかなり強烈な個性を放っている。

 ランボルギーニが成功したのは、フェラーリと違うデザインテイストでなおかつインパクトがあったことと無関係ではないが、マクラーレンはフェラーリともランボルギーニともまったく違うデザインテイストを持っている。

 マクラーレンのコーポレートマークを再現したヘッドランプ形状、開口部が大きく口角が上がった口、爬虫類の鼻をほうふつとさせるエアダクトによって見た目は人間をも飲み込もうとしている大蛇。笑ったように見えるのがまた不気味さを加味している。

 笑っているように見えて怖いのがP1の顔だ。企画趣旨からは外れるが、P1は顔に加えてお尻も凄いんです。

口に当たる部分の開口部が大きく、マクラーレンのコーポレートマークをモチーフとしたヘッドライトは不気味に笑っているイメージで、その相乗効果でインパクト抜群
一瞬フロントマスクかと思うP1のリアビュー。リアデザインはダースベーダー的デザインとなっている。フロント、リアともライバルと全く違うデザインを採用

モーガンエアロ8

 モーガンはイギリスの老舗少量スポーツカーメーカーで、見るからにクラシックカーというモデルを作り続けている。

 今回取り上げるエアロ8は、モーガンにとって64年ぶりの新設計のニューカーとして2000年のジュネーブショーで発表された。伝統の丸目、一部木製を使うボディフレームなどを踏襲しながらも、エアロ8の名前が示すとおり、フラッシュサーフェイスを採用。

説明不要、写真を見れば誰もがヘッドライトの装着されている向きに違和感を感じるはず。モーガンエアロ8ほど不思議系の顔はまずないだろう

 しかし、エアロ8はひと目見た瞬間から違和感が伴う。流麗なサイドビューよりもまずヘッドライトに目が釘付けになる。そのヘッドライトは正面を向かず、若干内側にオフセットされて装着されているから不思議な雰囲気を醸し出している。

 いろいろな顔のクルマがあるなか、これだけの一風変わった印象を与えるファニーフェイスはなかなかない。

次ページは : フォードF150ラプター

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ