【こだわりのデザインが魅力】ウェッズアドベンチャー マッドヴァンスがラインナップ増強!!

 車種、カテゴリーに合わせていろいろなアルミホイールブランドを展開しているウェッズのなかで、SUVオーナーから注目されているのがウェッズアドベンチャーシリーズだ。

 そのウェッズアドベンチャーシリーズの人気モデルであるマッドヴァンスに新商品が加わりランナップが大幅に拡大された。これまでは01(ゼロワン)、02(ゼロツー)の2モデルだったが、新たに03(ゼロスリー)、04(ゼロフォー)、05(ゼロファイブ)が登場した。

 その最新モデルの詳細を見ていく。

文:ベストカーウェブ編集部/写真:Weds


マッドヴァンスシリーズに共通するのがデザインへのこだわり

 ドレスアップの王道と言えばホイールの交換で、最も手軽で効果的であることは昔も今も変わらない。

 現在はSUVブームということもあり、各社からいろいろなタイプのSUVをターゲットとしたアルミホイールが百花繚乱状態にあるが、ウェッズのアドヴェンチャー マッドヴァンスが注目されているのはそのデザインにある。

 実際に購入動機では『ひと目惚れ』というケースがかなり多いという。

マッドヴァンス01/ タイプ:1ピース、サイズ:15インチ、16インチ、17インチ、カラー;マットブラックポリッシュ、価格(税抜き):2万4000~3万7000円

 01はシリーズで唯一シックなマッドブラックポリッシュのカラーを採用し、力強さと繊細さを表現している。いっぽう02は01にないスポーティさが強調されるデザインを採用するなど、モデルによってそれぞれが個性を持っている。

 このデザインへのこだわり、モデルごとの強い個性というマッドヴァンスシリーズのコンセプトは新たに追加された03、04、05にも受け継がれている。

マッドヴァンス02/ タイプ:1ピース、サイズ:18インチ、20インチ、カラー; ブラックポリッシュ、価格(税抜き):4万5000~6万5000円 。シリーズで唯一の日本製

シリーズで最も個性的なデザインのマッドヴァンス03

アドベンチャー マッドヴァンス03
タイプ:1ピース
サイズ:12インチ、15インチ、16インチ、17インチ、18インチ
カラー;ブラックポリッシュ、マシニングブラック
価格(税抜き):1万7000~4万2000円

マッドヴァンス03/ ディッシュだがスポークにも見えるデザインが与えられている。マシニングブラック(写真)とブラックポリッシュの2色の設定がある

上下の写真を見比べるとわかるが、同じデザインでもブラックポリッシュ(写真)のほうがちょっと大径に見える

 マッドヴァンスシリーズでも特に個性的なデザインが与えられているのがマッドヴァンス03で、基本的にはディッシュタイプの1ピースなのだが、7本のスポーク形状+7つの楕円窓によりスポークタイプにも見える。ただのディッシュホイールとはひと味違う。

 また、リム外周の高さの違いもデザインにアクセントを添えている。

SUVではないがハイエースはマッドヴァンス03がよく似合う

 カラーはブラックポリッシュとマシニングブラックの2色あり、同じデザインでも色の違いで印象はずいぶんと違う。ディッシュ面は傾斜がつけられているが、ブラックポリッシュのほうはフラットで実際のサイズよりも大きく見える。

 サイズ展開は人気のスズキジムニーを筆頭に日産エクストレイル、トヨタハイエース、トヨタランクルプラドなど充実。シリーズで唯一12・15インチが用意されているので、軽トラ、軽バンをカスタムしたい人にとっても最高のアイテムになると思われる。

ジムニーはマッドヴァンスのどのモデルもチョイスできる。マッドヴァンス03は足元が力強いイメージとなる
シリーズで12・15インチを設定しているので写真のエブリイのカスタマイズ車などにも装着することができる(写真は15インチ)

シリーズで最もスポーティなマッドヴァンス04

アドベンチャー マッドヴァンス04
タイプ:1ピース
サイズ:16インチ、17インチ、18インチ、20インチ
カラー;ブラックポリッシュ
価格(税抜き):2万6500~4万8000円

マッドヴァンス04/メッシュだがスポークタイプにも見えるデザインが特徴。写真は6穴のもので、5穴の場合は2×5タイプとなる

 マッドヴァンス04は基本的には5交点のメッシュデザインだが、2×5のスポークにも5スポークにも見えるデザインが最大の特徴と言えるだろう。一見シンプルながら、各所にアールがつけられているので見る角度によって印象が変わってくるのも特筆だ。

 ホイールナットの穴もデザインを構成する要素となっているため、5穴と6穴ではスポークの数が違うことにも注目してほしい。5穴は5スポーク、6穴は6スポークとなり、センターキャップのデザインもそれぞれ違う。

マッドヴァンス04はマツダCX-8のようにオンロードをメインに使うことが多いSUVの足元をビシッとスポーティにキメてくれる

 リム外周にはコの字型のデザイン処理とピアスボルトを採用し、デザインの大きなアクセントとなっている。

 マッドヴァンス04はシリーズで最も開口部面積が大きくとられたデザインのため、最近増えているSUVのローダウン車両をよりスポーティに演出してくれる。

 サイズ展開はジムニー、ジムニーワイド、デリカD:5、ハイエース、CX-5、ランクルプラドなど多岐にわたる。

あまりスポーティなイメージがないジムニーシエラだが、マッドヴァンス04を装着するとスポーティに変身
ランクルプラドもジムニー同様にマッドヴァンスシリーズのすべてに適合しているのでどれでもチョイスできる

シリーズで最も躍動感のあるデザインのマッドヴァンス05

アドベンチャー マッドヴァンス05
タイプ:1ピース
サイズ:15インチ、16インチ、17インチ、18インチ、20インチ
カラー;ブラックポリッシュ
価格(税抜き):2万5000~4万8000円

マッドヴァンス05/手裏剣を彷彿とさせる躍動感のあるデザインが与えられている。スポーク部分、リム外周部分ともデザインも凝っている

 マッドヴァンスシリーズはデザインにこだわっているということはこれまでも述べてきたし、実際に01,02、03、04のデザインを見てもらえば納得いくと思う。マッドヴァンス05にはシリーズで最も躍動感のあるデザインが与えられている。

 スポーク部分の開口部のデザインも非常に凝っているし、ポリッシュの逆L字型を配置することで躍動感を演出している。

マッドヴァンス05をランクルプラドに装着すると力強さと躍動感が絶妙な雰囲気を作り出す

 また、リムとスポークが交差するところにもポリッシュをあしらうなど細かなところまでデザインされ、それが個性を与えている。

 マッドヴァンス05はブラックとポリッシュのコントラストが絶妙で手裏剣を彷彿とさせるのが見るものに躍動感を感じさせる要因だと思われる。

 サイズ展開も人気どころはすべて押さえていて、ジムニー、FJクルーザー、プラドなどのオーナーが注目するのは必至で、今後人気ホイールとして君臨すること間違いなし。

ジムニーにマッドヴァンス05を装着
ジムニーシエラにマッドヴァンス05を装着

サイズ、適合車種、価格などの詳細は
ウェッズホームページ https://www.weds.co.jp/

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ