あのコンセプトカーを斬る! PART1

「東京モーターショー2015」は15年10月29日(木)〜11月8日(日)まで開催された。市販が近いと噂されるモデル、ナイスなコンパニオンたちなどお目当ては多彩にあるが「こんなクルマ、市販車になるわけねぇ〜」的なコンセプトカー、これこそがショーの真の主役といえる。

「市販車になるわけねぇ〜」と述べたばかりだが、そのコンセプトを脈々と受け継ぎ市販車になったモデルもある。多くの場合、「コンセプトカー時代のほうが格好よかった」という印象だが、ホントにそうなのか!?

清水草一氏に、コンセプトカーから市販車になった国産車のなかで、デザインの視点で印象に残り、「ひと言いいたい!」というモデルを多数取りあげ、ズバッと斬ってもらった。

コンセプトカー 正常進化・編

TEXT/清水草一

(写真はすべて左側がコンセプトカー、右側が新車モデル)

いすゞビークロス(デザイン評価‥‥90点)


■第33回(’93年)のショー

さすがにコンセプトカーに比べたら実車はおとなしいけど、それはある程度アタリマエ。これぞ正常進化なんじゃないだろうか! 当初の斬新さがそのまま生きているモデルだ。

1993年ビークロス
ヴィークロスの名前で出展
ビークロス

 

 
 

 ホンダS2000(デザイン評価‥‥73点)

■第31回(’95年)のショー

結局デザイン的には保守的で、新しさはナシ。バランスは良好っていうクルマだったけど、それはコンセプトモデルの段階からそうだった。そういう点で正常進化の部類に入ります。

1995年 ホンダSSM
SSMの名前で出展

S2000

マツダRX-8(デザイン評価‥‥92点)


■第35回(’01年)のショー

観音開きドアの4シータースポーツカーという斬新なコンセプトは、そのまま実車に生かされた。細部を見てもまさに正常進化。コンセプトはいささかも、揺らいでいない。

01年 RXエボルヴ
RXエボルブの名前で出展
RX-8

 

 

ホンダS660(デザイン評価‥‥100点)

■第42回(’11年)のショー

これはもうコンセプトモデルほぼそのまんま! 若干全高を高くしたくらいでしょ? 最初からカッコよかったし実車もカッコいい! ただこの段階ではEVのはずだったんだよね。個人的にEVのスポーツカーはまったく欲しくないので、このデザインだけ生かせないものかな〜と漠然と思ったことを思い出します。それが軽のスーパーカーになったのはめでたしめでたし。最初から最後まで大成功、大正常進化でした!

2011年 ev-ster1
EV-STERの名前で出展
s660 2
 

マツダMPV(デザイン評価‥‥83点)


■第35回(’01年)のショー

コンセプトカーと実車のデザインはかなり違うけどね。似てりゃ正常進化ってわけじゃなく、スポーティなミニバンとしては、実用性との兼ね合いで、これでOKだったと思います!

マツダMPV
MXスポーツツアラーの名前で出展
p33 16.5% 120-0.3-0

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ