GT-Rで体験した日本車300km/hワールド PART2


 日本車300km/hワールド PART1からの続編!!

貴重な体験をした猛者たちに聞く

 300km/hってどんな世界なの?

 300㎞/hで走るというのはどういうことなのか?それが次のテーマだ。仕事柄というべきか、BC編集部の周りには公道で300㎞/hを出した経験のある人が少なからずいる。

 レースではなくテストコースでもなく、公道を300㎞/hで走るというのはどんなものなのか。超高速というのは、もしかして病みつきになっちゃうほど気持ちいいものなのか(危ねーなぁ)。その真実を体験者に聞いてみた!

GT-Rで体験 五感を使って危険を予知

鈴木利男

 GT-Rの開発テストで、アウトバーンの300㎞/hは何度も経験していますよ。

 300㎞/hも出したら、それは怖いですよ。アウトバーンを走っているドライバーは、みんな後ろをよく見てくれていますが、それでもいつ車線変更してこちらに出てくるかわかりませんから、やっぱり緊張します。

 開発している側としては、何㎞/hで走っていても挙動が変わらないようにしたいわけですが、やはり250~260㎞/hを超えると空力でボディが持ち上がり、全体的にクルマが軽くなった感じは受けますね。また、スピードが出れば出るほど横風の影響が大きくなるので、山あいから抜けた瞬間に多少ぶれたりすることはありますね。

 水野(和敏)さんはよく「GT-Rは300㎞/hでもリラックスして走れる」と言っていましたが、さすがにそれは無理ですね(笑)。そのスピードで何かあったら絶対に対処できないわけで、ドライバーにできるのは危険を予知することしかないんですよ。

 前車の挙動はもちろん、匂いとか振動など、五感を研ぎ澄まして危険を感じ取らないといけない。やはり普通に走っている時のようにリラックスはできませんよね。

 300㎞/hで走るのは快感でもなんでもないですよ。また、無理して、我慢して出すものでもありません。テストドライバーが怖いのを我慢して300㎞/hで走ったって、お客さんに「300㎞/hで走れます」とは言えないですからね。

次ページは : フェラーリで体験 ものすごくチープな爆音が

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ