:hearts:塚本奈々美の<リアル真子>チャレンジ~Lap6~:hearts:

:hearts:塚本奈々美の<リアル真子>チャレンジ~Lap6~:hearts:

「リアル<真子と沙雪>がRALLY YOKOHAMAにチャレンジ」

 <リアル真子>塚本奈々美が、チーム「シュアラスタ」ーとしてインパクトブルーのポルシェ911T(1972年型)を駆り、さる5月21日・22日にRALLY YOKOHAMAに出場しました。

 ラリーと言えばコドラですが、今回は女子カート部(JKB)のサヤカが頭文字Dに登場するインパクトブルーの真子のナビ担当<沙雪>役として、コミックさながら助手席に座りました。

 今年で4年目を迎えたRALLY YOKOHAMAは、1974年までに製造された車両によるクラシックカーラリー、今回も87台がエントリーし、快晴の中神奈川~千葉を走りました。

 華やかなイベントレースですが、クラシックカーラリーレースの国際ルールが適用され、競技性も高いラリーなんです。

 当日受付ではじめて知るコース、そして順位を決めるPC(ライン踏み競技)。私たちは初参戦ではありますが、競技に参加するからには上位に行きたい!と鼻息荒くコースを読み解き、ライン踏み競技の作戦を立てました。

 ライン踏み競技では、スタート位置で初めて距離とそこまでを何秒で走らないといけないかを知らされます。単純な競技ではありますが、1000/1秒を争う世界であり、経験者の皆さんは、この競技に備えて高価はセンサーを積んで走るなど用意万端。

 そうした機械を持たない私たちは、キッチンタイマー5個並べた板を用意、千分の何秒を戦うにはいささか正確さにかけますが、何とかやるしかない!中間経過では80台中54位。

 最終的には57位で競技を終えましたが、「キッチンタイマーでその成績は立派だよ~!」とベテラン参加者の方々からお褒め頂きました・・・。素直に喜べませんでしたが、どんな競技も初心者にはあまくはないですね(笑)

 何台ものクラシックカーが並んで走っていると、普通の農道も何の変哲の無い橋も、すべてが「画」になるのがとても不思議で感動的でした。

ランチ会場の駐車場もまるでミュージアム!通りすがりの方から「写真を撮っていいですか?」と声をかけられるのは当たり前。

 それにオーナーさんたちはもちろんOKし、さらに「よかったら乗って写真を撮ってみるかい?」と、とても素敵なコミュニケーションに何度も癒されました♪

 普段はサーキットで走る機会が多い私にとって、「こうしたクルマの楽しみ方もあるんだなぁ」と大変勉強になった2日間でした。ぜひまた参加させて頂きたいですね。

 さて、5月26日発売のベストカーにて「脇阪寿一vs塚本奈々美 SPECIAL対談」 が掲載され、また今後の脇阪さんと私の新連載も始まります。ぜひ全国の書店、コンビニでゲット下さいね。

 そして、今週末からは、ドリフト、グリップと2つの大会が続きます。

  • ★5月28・29日
  • D1東日本シリーズ開幕戦&レディ−スリーグ第2戦(@エビス)
  • ★6月4・5日
  • GAZOO86/BRZレース第4戦(@富士)

 どちらもこのサイトでいい結果が報告できるよう頑張りま~す!

次ページは : 塚本奈々美プロフィール

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ