インプレッサ 3年目のビッグマイナーチェンジ!!! ライバルの追撃なるか!?

 スバルのCセグハッチバック&セダン、インプレッサスポーツ&G4が登場から丸3年目を迎え、“D型”となるビッグマイチェンモデルの先行予約販売が8月27日から始まっている。発売は今秋からだ。

 現行型インプレッサシリーズの販売台数は「スポーツ」が914台、「G4」が256台、「XV」が1609台と、「XV」頼みの状況が続いている(2019年8月期 ベストカー調べ) 。今回のビッグマイナーチェンジで、並み居るライバルを追撃することができるだろうか?

【画像ギャラリー】 どのくらい新しくなった!? 現行型との比較をギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:SUBARU
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■アイサイトもver3.5 ツーリングアシストへ大幅進化

 5代目となる現行型インプレッサは、2016年10月にフルモデルチェンジを受けて登場。スバルの新開発プラットフォーム、「スバルグローバルプラットフォーム」(SGP)を採用したモデル第1弾だった。

 D型となる今回のモデルチェンジではエクステリアのフロントグリルやバンパー開口部、フォグランプベゼルの形状など、フロントマスクのフェイスリフトを行ったほか、リアコンビランプといったエクステリアの意匠を変更。

インプレッサスポーツ

 また、フロントビューモニター、リバース連動ドアミラー、運転席シートポジションメモリー機能、ドアミラーメモリー&オート格納機能などが新たに採用され快適性が向上。

インプレッサG4

 また、先進安全装備のアイサイトはこれまでの「Ver3」からレヴォーグやWRX S4と同じ最新仕様の「ツーリングアシスト」に進化。

 アルミホイールのデザインなども変更されたほか、1.6&2.0i-Sアイサイトグレードにアダプティブドライビングビームが新たに採用された。

 価格は200万2000~289万3000円。

状況に応じハイビームの照射範囲を制御するアダプティブドライビングビームを採用(1.6&2.0i-Lアイサイトはオプション)

【画像ギャラリー】 どのくらい新しくなった!? 現行型との比較をギャラリーでチェック!!

■インプレッサ SPORT(1.6i-L EyeSight)主要諸元
・全長×全幅×全高:4475×1775×1480mm
・室内長×室内幅×室内高:2085×1520×1200mm
・ホイールベース:2670mm
・最低地上高:130mm
・エンジン:1.6L DOHC
・車両重量:1300kg
・総排気量:1599cc
・サスペンション:ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
・燃費:17.2km/L(JC08モード)
・乗車定員:5名
※認可申請予定値

■インプレッサ G4(1.6i-L EyeSight)主要諸元
・全長×全幅×全高:4640×1775×1455mm
・室内長×室内幅×室内高:2085×1520×1200mm
・ホイールベース:2670mm
・最低地上高:130mm
・エンジン:1.6L DOHC
・車両重量:1300kg
・総排気量:1599cc
・サスペンション:ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
・燃費:17.2km/L(JC08モード)
・乗車定員:5名
※認可申請予定値

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【東京オートサロン情報も満載】早くもつかんだ2021年の新車 全情報!!|ベストカー 2020年2月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、早くも2021年に登場する新車情報全台を一挙にお届け。  新型WRX S4、マツダ2、新型ヴェゼル、新型ノア/ノアカスタム、日産アリアら注目車たちが続々登場する見込みとなっている  そのほか、今…

カタログ