新型キックス 日本導入確実!!! ジュークじゃない“伏兵”投入の裏事情


 新型ジュークの代わりに別のSUVが日本導入へ! 

 2019年9月4日、日産はコンパクトSUV、ジュークの新型モデルを欧州で発表。現行型のジュークは2010年発売と、すでに登場から9年が経過していることもあり、日本市場にも追ってこの新型が投入されるとみられていた。

 しかし、日産関係者への取材により、現時点で新型ジュークを日本導入する計画はなく、替わりに同じく日産のコンパクトSUVとして北米などで販売中の「キックス」を投入する見込みであることがわかった。

 なぜ、今も日本で売っているジュークではなく、キックスを日本に投入するのか。その理由とは?

文:渡辺陽一郎
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】意外と似ている!? 新型ジューク&キックスはどこが違う?


新型ジューク日本導入の予定は「なし」

欧州で9月4日に発表された新型ジューク。通算2代目モデルとして日本への導入も期待されていたが……

 2019年9月に、欧州で新型ジュークが発表された。コンパクトサイズのSUVは、日本でも人気のカテゴリーだから、当然に国内仕様もフルモデルチェンジすると考える。

 ところが日産の関係者に尋ねると「今のところ日本仕様のジュークをフルモデルチェンジする予定はない。現行型を継続して売り続ける」という。

 日本で販売するジュークをフルモデルチェンジしない理由を尋ねると、

「グローバルな市場戦略に基づく。海外で売られている車でも、日本で発売するにはさまざまな手間と時間を要する」

「コストを費やして新型ジュークを発売した場合、どの程度のメリットを得られるのか、そこを従来型の継続販売と比較して判断する」

と説明された。

 その一方で、ジュークと同様のコンパクトSUVとなるキックスを導入する噂も聞かれる。

日本では馴染みが薄いキックスはジュークとどう違う?

北米などで販売されるキックス。全長はジュークより若干長く、全幅は若干狭く、全高はほぼ同一値というサイズ感の小型SUVだ

 キックスは、ブラジルやメキシコで生産される海外向けのコンパクトSUVで、北米や中国でも売られている。ボディサイズは全長が4295mm、全幅は1760mm、全高は1590mmで、ホイールベースは2610mmだ。

 欧州で発表された新型ジュークは、全長4210×全幅1800×全高1595mmでホイールベース2636mmとされるから、両車のサイズはほぼ同じと考えて良い。

 内外装のデザインは、ジュークは従来型の路線を踏襲しながら、個性をさらに強める。塊感の伴う独特のボディスタイルだ。インパネなどの内装にも、立体感を持たせている。

 これに比べるとキックスは、フロントマスクなどをジュークに比べてオーソドックスに仕上げた。遊び感覚はあまり強くない。

 それでも内装は上質に作り込まれ、キックスとジュークに明確な上下関係はないと思われる。車両の性格に応じて作り分けるようだ。

 エンジンは、欧州仕様のジュークは直列3気筒1Lターボを搭載して、最高出力は117馬力を発生する。

 対する北米仕様のキックスは、直列4気筒1.6LのNAエンジンを搭載して、最高出力は122馬力だ。このあたりの性能も同等になる。

次ページは : ジュークではなくキックスを日本導入する理由は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ