【え!? ジュークじゃないの?】新型キックス 日本導入確実!!! “伏兵”投入の裏事情

 新型ジュークの代わりに別のSUVが日本導入へ! 

 2019年9月4日、日産はコンパクトSUV、ジュークの新型モデルを欧州で発表。現行型のジュークは2010年発売と、すでに登場から9年が経過していることもあり、日本市場にも追ってこの新型が投入されるとみられていた。

 しかし、日産関係者への取材により、現時点で新型ジュークを日本導入する計画はなく、替わりに同じく日産のコンパクトSUVとして北米などで販売中の「キックス」を投入する見込みであることがわかった。

 なぜ、今も日本で売っているジュークではなく、キックスを日本に投入するのか。その理由とは?

文:渡辺陽一郎
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】意外と似ている!? 新型ジューク&キックスはどこが違う?


新型ジューク日本導入の予定は「なし」

欧州で9月4日に発表された新型ジューク。通算2代目モデルとして日本への導入も期待されていたが……

 2019年9月に、欧州で新型ジュークが発表された。コンパクトサイズのSUVは、日本でも人気のカテゴリーだから、当然に国内仕様もフルモデルチェンジすると考える。

 ところが日産の関係者に尋ねると「今のところ日本仕様のジュークをフルモデルチェンジする予定はない。現行型を継続して売り続ける」という。

 日本で販売するジュークをフルモデルチェンジしない理由を尋ねると、

「グローバルな市場戦略に基づく。海外で売られている車でも、日本で発売するにはさまざまな手間と時間を要する」

「コストを費やして新型ジュークを発売した場合、どの程度のメリットを得られるのか、そこを従来型の継続販売と比較して判断する」

と説明された。

 その一方で、ジュークと同様のコンパクトSUVとなるキックスを導入する噂も聞かれる。

日本では馴染みが薄いキックスはジュークとどう違う?

北米などで販売されるキックス。全長はジュークより若干長く、全幅は若干狭く、全高はほぼ同一値というサイズ感の小型SUVだ

 キックスは、ブラジルやメキシコで生産される海外向けのコンパクトSUVで、北米や中国でも売られている。ボディサイズは全長が4295mm、全幅は1760mm、全高は1590mmで、ホイールベースは2610mmだ。

 欧州で発表された新型ジュークは、全長4210×全幅1800×全高1595mmでホイールベース2636mmとされるから、両車のサイズはほぼ同じと考えて良い。

 内外装のデザインは、ジュークは従来型の路線を踏襲しながら、個性をさらに強める。塊感の伴う独特のボディスタイルだ。インパネなどの内装にも、立体感を持たせている。

 これに比べるとキックスは、フロントマスクなどをジュークに比べてオーソドックスに仕上げた。遊び感覚はあまり強くない。

 それでも内装は上質に作り込まれ、キックスとジュークに明確な上下関係はないと思われる。車両の性格に応じて作り分けるようだ。

 エンジンは、欧州仕様のジュークは直列3気筒1Lターボを搭載して、最高出力は117馬力を発生する。

 対する北米仕様のキックスは、直列4気筒1.6LのNAエンジンを搭載して、最高出力は122馬力だ。このあたりの性能も同等になる。

ジュークではなくキックスを日本導入する理由は?

キックスのリアスタイル。ジュークとは別モデルながら全体のフォルムには同車に近い印象も

 国内でジュークではなくキックスを発売するとすれば、このエンジンの設定も関係しているだろう。ジュークは1Lターボで、トランスミッションは、6速MTと2組のクラッチを使う有段式の7速ATだ。

 キックスは1.6L(1.5Lもある)とCVT(無段変速機)だから、後者は日本車に多く使われる機能で運転感覚も馴染みやすい。

 また、これから日本で売るなら、ハイブリッドシステムのe-POWERと、運転支援機能のプロパイロットは必須条件だ。こういったメカニズムとの組み合わせや相性が影響している可能性も高い。

 それでも日本のユーザーにとって、導入すると喜ばれるのは新型ジュークになる。コンパクトSUVの定番車種であると同時に、個性的な外観と運転感覚が、カテゴリーの垣根を超えて高い支持を受けているからだ。

 ちなみに国内で人気の高かった時代の日産は、S13型シルビア、R32型スカイライン、P10型プリメーラなど、クルマ好きのユーザーに受ける適度なサイズの商品を提供してきた。クーペやセダンが飽きられ始めた2000年代中盤以降は、ジュークがシルビアやプリメーラのイメージを受け継ぐ車種になっている。

 そのために日産は、ジュークの発売時点では20~30代の比較的若い年齢層をターゲットにしていたが、実際に売り始めると購買層の40%が50歳以上で占められた。

 2010年の時点で若年層は新車を購入しにくくなっていたが、それでも50歳以上が40%を占めるのは、個性的なジュークにとって購買年齢が高いと感じたものだ。

 要は昔ながらの日産ファンから共感を得て、50歳以上のユーザー(今では60歳以上の世代)を引き付けた。

キックスかジュークか…販売店の生の声は?

2010年発売の現行型ジューク。SUVブームの前夜に登場したモデルとして当初は人気を呼んだが、すでに登場から長期間が経ち、モデルチェンジは待ったなしだ

 いい換えればジュークは、今の日産ブランドを支える車種でもあるだろう。売れ筋のノートやセレナは実用指向だから、NISMOはあるものの、日産のスポーティなブランドイメージを受け継ぐには無理が伴う。

 GT-R、フェアレディZ、スカイラインは往年の人気車種だが、ボディの拡大や価格の上昇もあって、ユーザーの支持を大幅に下げている。売れ行きも低迷している。

 そうなると残るのはジュークしかないのだ。

 販売店では「ジュークのフルモデルチェンジ、キックスの導入などいろいろ噂が流れているが、メーカーからは廃止も含めて話をまったく聞いていない」という。

 欧州製コンパクトカーのマイクラを日本に導入する話も出ていないから、このまま何もしなければ、日産のブランドイメージと存在感は薄れていくばかりだ。

 少なくともジュークだけはフルモデルチェンジさせないと、日産が前に進むのは難しいだろう。メーカー別国内販売ランキングも、トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位に留まり続ける。そのような日産は、誰も望んではいない。

【画像ギャラリー】意外と似ている!? 新型ジューク&キックスはどこが違う?

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ