【ダイハツの世界初公開は4台!】東京モーターショー出展車の市販可能性は?

 ダイハツは2019年10月24日から始まる「第46回東京モーターショー」にワールドプレミアとなるコンセプトカーを4台出展する。

 ワールドプレミアとなる4台のコンセプトカーはそれぞれの暮らしのなかで使われているシーンや使う人々の気持ちをイメージして、それぞれ「IcoIco(イコイコ)」「TsumuTsumu(ツムツム)」「WaiWai」「WakuWaku」という車名を名付けたという。

 さて、どんなコンセプトカーなのか、さらに市販の可能性はあるのかも含めて迫ってみたい。

文/ベストカーWEB編集部
写真/ダイハツ

【画像ギャラリー】ココが凄い! ダイハツの東京モーターショー出展車の詳細


すぐにでも発売してほしい軽クロスオーバー/WakuWaku(ワクワク)

リアドアが窓ガラスの代わりにはめ殺しの樹脂製パネルが埋め込まれている。ボディサイズは全長3395×全幅1495×全幅1630mm

 遊びの世界を広げる軽クロスオーバーのワクワクは、所有するだけでワクワクする、というのが車名の由来。内外装のデザインは、頼れる骨太さをイメージしている。

 前席は運転スペース、後席部分の空間はなんでも置けるクローズドのバンという考え方で、リアドアの窓ガラスの代わりに樹脂製パネルがはめ込んであり、パネルの白いX部分(写真参照)がライトになっていたり、ルーフラゲッジを設定するなど、斬新なアイデアが採用されている。

 このワクワクの市販可能性は90%以上と見る。大ヒット中のスズキジムニーの独壇場を崩すべく、打って出る可能性は高い。

一見、はめ殺しドアのため2人乗りに見えるが、4人乗りとなっている
横開きドアや膝下部分まで開くバックドア、窓がない代わりに樹脂製パネルに変更されており、X部分がライトになっているのが特徴。またヘルメットや長靴なども収納できるルーフラゲッジも魅力

VWマイクロバスを彷彿とさせるコンパクトミニバン/WaiWai(ワイワイ)

VWタイプIIマイクロバスを彷彿とさせる可愛らしいデザイン。3列6人乗りでボディサイズは全長4200×全幅1665×全高1665mm

 ワイワイは心地よい広さのジャストサイズミニバン。3列6人乗りの小型ミニバンで、運転しやすいコンパクトな全長4200×全幅1665×全高1665mmというサイズながら、室内は開放感のあるツインサンルーフのラグトップ仕様になっており、センターピラーレスで乗り降りもしやすい。

 まるでVWタイプIIマイクロバスを彷彿とさせる可愛らしいデザインだが、ぜひこのままの姿で発売してほしい! 

 現在、リッターカーの2列5人乗りのハイトワゴン、トール/タンク/ルーミーや1.2Lのソリオが販売されているが、実用一辺倒なだけに、こんなに可愛らしいワイワイが発売されれば大反響となること必至! 3列シートのシエンタやフリードの好敵手になるに違いない。

センターピラーレスのスライドドア、開口部の大きいサンルーフ(ラグトップ)を備える

多用途に対応する次世代軽トラック/TsumuTsumu(ツムツム)

エクステリアデザインは軽トラックとは思えない未来的なデザイン。ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1850mm

 物を積むということから名づけられたツムツムは、多用途に対応する次世代軽トラック。

 荷台の長さを従来の軽トラックと同等としながらも、従来の軽トラックの使い方にとどまらず、農業用ドローン基地や個室空間など軽トラックの使い方の幅が一層広がる換装可能な荷台を設定している。

 また、キャビン内を広く使える新しいレイアウトを提案。大開口のエルボードアと呼ばれる中折れ式ドアを採用することで、抜群の乗降性を実現している。

 現在販売されている軽トラックはあまり進化していないが、ダイハツがこうした次世代軽トラックを出してきたのは画期的。

 乗り降りがしやすい大開口のエルボードアで補助ドアも観音式ドアで開くアイデア、車中泊の個室やバイク、MTBの搭載など、用途に合わせて着せ替える(載せ替える)ことができる荷台など、これまでになかった素晴らしいアイデアだ。反響が大きければ、発売される可能性は高い。

開口部の大きいエルボードア、補助ドアを採用することで乗り降りがしやすい
農業用ドローンを使うためのツムツムの荷台をドローン基地に例。ドローンのほか、用途に合わせてさまざまな荷台を換装することができる

自動運転タイプのパブリックトランスポーター/IcoIco(イコイコ)&Nipote(ニポテ)

自動運転タイプのパブリックトランスポーター、イコイコ。ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1995mm

 イコイコは誰もが自らの意思で移動することをサポートし、ファースト/ラストワンマイル(家と最寄りの中継時点の間を指す)での活用を目指した、自動運転タイプのパブリックトランスポーター。

 クルマ椅子や大きな荷物を持った旅行者などみんなの乗り降りを考え、格納式のスロープを搭載する。

 ニポテは付属のお世話ロボットで話しかけることで移動に関する生活をアシストする。

 自動運転時代を迎えるのはまだまだ先だが、あと10年もすれば、お世話ロボット、ニポテのいるイコイコが走り回る時代が来るかもしれない。

ドアを開けるとスロープが出てきて乗り降りがしやすい作り
孫を意味するニポテは、イコイコに
付属するロボット。乗車する人たち
がニポテに話しかけると、移動に関
することをお世話してくれる

【画像ギャラリー】ココが凄い! ダイハツの東京モーターショー出展車の詳細

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ