【あの絶版車も未だ現役!!】日本から消えた国産車 なぜ海外で健在?

 2019年9月24日、日産は2020年モデルとなる改良型「パトロール」を、アラブ首長国連邦のドバイで初公開。日本では馴染みの薄い同車ながら、2007年まで日本でも販売されていた日産の名門SUV「サファリ」と同一のモデルだ。

 新型パトロールは、全長5メートル越え、全幅は驚異の2メートル弱という巨大なSUVだが、日産が「中東でパトロールの好調な販売が続いていることで、(北米仕様の姉妹車アルマーダと合わせて)このプラットフォームの販売はグローバルで79%増加し80千台となりました」と、2018年2月付リリースで発表しているように、実は海外での販売は好調。

 なぜ、日本では生産終了となった不人気モデルが、海外では未だに健在で、人気を集めているのか? 元日産エンジニアでもある吉川賢一が解説する。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】どこまで日本で売っていた? 新型パイロット&歴代サファリの系譜


名門サファリの後継! 新型パトロールとは?

写真は日本発売モデルとしては最終型となった3代目サファリ。2007年をもって絶版に

「パトロール」は、かつて日本国内で「サファリ」として販売されていた、日産の本格大型SUVである。最大のライバルは、トヨタ「ランドクルーザー」だ。

 高いオフロード性能や耐久性能が追求された現行パトロールは2010年に発表されたモデル。8人乗りの5ドアSUV、全長5170×全幅1995×全高1940mm、ホイールベース3075mm、車両重量2780kg、という見事なボディサイズを誇っている。

 そのパトロールもデビューから9年が経ち、大幅改良を受けて、今回、2020年型モデルへと進化をした。

 エンジンは引きつづき、5.6L・V型8気筒ガソリンエンジンと、4L・V型6気筒ガソリンエンジンの2種類が用意された。

全長5m、全幅1.9m超! どことなくレンジローバーっぽい雰囲気もある新型パイロット。日本でサファリが絶版した後、2010年に発売され、今回の改良で大幅にデザインを刷新

 また、“自慢の機構”である、「HBMC」(Hydraulic Body Motion Control)も搭載。

 これにより、4輪独立サスペンションの油圧シリンダーを、2系統の配管で接続することで、路面からの衝撃を柔らかく吸収するとともに、コーナー走行時は車両のロールを低減し、安定した走行を実現する。

 この装置によって、オフロード走破性を向上させることができ、フルサイズSUV向けの荷重コントロール技術として、評価も高い。

 エクステリアデザインは、フロントのVモーショングリルを最新型へと更新し、より強調されたデザインとなった。

 また、昨今流行であった「つり目」型のヘッドライトから脱却し、新しいブーメラン型のLEDヘッドライトへと進化したことで、シンプルながら迫力のあるフェイスとなった。

 リアは、テールランプをブーメラン型に変更し、さらにはシーケンシャルターンインジケーターが採用された。

 インテリアには、インフィニティQ50で採用しているようなデュアルディスプレイを導入。シート素材には、ダイヤモンドステッチキルティングレザーを新採用しており、ステアリングホイールも新デザインとなっている。 

日産の名門SUVが海外で生き残っている理由

主に中東で高い人気を誇るパトロール。砂漠など悪路での走破性に定評がある

 狭い日本では、できれば運転したくない程の巨大SUVだが、UAEをはじめ、中東・アフリカ地域では、車高が高いSUVタイプの大型車が大変好まれている。

 なかでも日本車は、人気が非常に高く、トヨタ ランドクルーザー、レクサス LX570、日産パトロールといったモデルがよく売れている。

 こうした車を買うのは、富裕層が中心だ。実用目的はもちろんのこと、なんと、砂漠地帯をこの巨大SUVで走り回る、という「遊び」にも使われているらしい。

 筆者の知人も、砂丘の山をどこまで登ることができるかを競走したり、小高い砂丘を使って車でジャンプをしたりという、とても日本では考えられないような使い方をされているのを、実際に現地で見たという。

 パトロールの開発にあたっては、こうしたハードな使われ方を想定し、例えば、「3トンの車が1mの高さのジャンプをしても、サスペンションやステアリングが壊れないこと」といったような、普通乗用車ではあり得ない設計要件が盛り込まれている。

 もちろん、設計要件を厳しくするだけでなく、現地での走行テストと対策を繰り返すことで、驚異的な耐久性を実現しているのだ。

日本で絶版後も海外で生き残る車が評価される理由は?

現行型クルーガー。世界的には「ハイランダー」の車名でも販売されているが、豪州などでは日本名と同じクルーガーを今でも車名として使っている

 パトロールのように、国内絶版となったが、海外で生き残っているモデルは他にもある。

 例えば、トヨタ初代クルーガー(2000-2007年)は、2代目以降は海外市場のみで販売されている。国内市場の後継車は、全長が100ミリ以上も短くなった(4685→4570mm)「ヴァンガード」だ。

 日本国内では大きく感じるサイズも、海外では使い勝手の良い適切なボディサイズであり、日本車ならではの質感、耐久性、燃費の良さが評価されているそうだ。

2019年8月末で国内仕様の生産が終了したパジェロ。海外向けとしては今後も生産が継続され、日産のサファリ(パイロット)と同様、海外専売車となる

 他にも、三菱「パジェロ」は、2019年8月で国内向け仕様の生産を終了したが、タイでは「パジェロスポーツ」という名称で、2019年7月に世界初披露されている。

 かつては流行したものの、狭い日本では持て余してしまった感のあるクロカンだが、海外で好まれたことで、新型「パジェロ」が登場するまでに至っているのだ。

◆  ◆  ◆

 パトロールのような大型SUVは、そのボディの大きさのため、日本国内では限られた地域思うように走ることができない。

 しかし、海外ではその巨大なボディがあるからこそ、安全にダイナミックなアクションができ、人気となっているのだ。

【画像ギャラリー】どこまで日本で売っていた? 新型パイロット&歴代サファリの系譜

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ