特別なシエンタが東南アジアに登場 6MT搭載でスポーツマインド満載!? これは珍なり

ハイブリッドに7人乗り、しかもコンパクト。3拍子そろって人気のトヨタシエンタ。そんなシエンタになんと6MT仕様が登場したという。しかもエアコンも特殊らしく、涼しさアップなのだとか。皆さんが知っているシエンタとはひと味違う、東南アジア仕様のシエンタを紹介しよう。
文:ベストカー編集部
写真:トヨタ


日本では買えない?

シエンタにMTが搭載されると聞きつけてさっそく担当はトヨタ広報部に電話取材。

「たしかにシエンタにMTモデルは出ますが、じつは日本市場のモデルではなくASEAN向きのモデルのことなんです」

ASEANといえば最近は小学生も知っている時事用語。日本語でいえば「東南アジア諸国連合」のことで、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ラオス、シンガポール、ブルネイの10カ国が加盟している連合。簡単にいえば東南アジア諸国で一緒に発展を目指していこうというものだ。

そこであの奇抜なエクステリアのシエンタが販売されるの? たしかにハイブリッドで燃費もよくて、コンパクトでありながら7人が自然に乗れるクルマは地域を選ばずに活躍しそうだけど。トヨタ広報マンはこう続ける。

「じつはですね、ハイブリッドは設定がないんです。しかも車高は日本で売っているシエンタより25㎜高くなっていて、エクステリアの雰囲気も若干ですが異なっているのが特徴です」

なんてことだ。シエンタでバツグンの人気を誇るハイブリッドがないなんて。この理由としてはきっとハイブリッドシステムの整備の問題があるのだろう。なるべくシンプルで壊れない、そんなクルマが東南アジアでは人気なのだ。ちなみにエンジンは1.5L、直4の2NR-FEで、スペックは107㎰/6000rpm、14.3㎏m/4200rpmとなっている。エミッションはEURO2程度と、まあそこはご愛嬌。

また車高が高いのは未舗装路での使用を前提にしているから。たった25㎜だがきっと写真で見るより差は大きいはず。もう少し車高を上げてオフロードにカスタムなんてのもいいかも!? この東南アジア向けシエンタ。生産はインドネシアのカラワン工場。最初はインドネシア国内で販売して、その後はASEAN各国にも拡充していくそう。

pha
エクステリアはグリルに装飾のバーが入っているのが日本仕様との違い

現地では注目の的に!?

トヨタのインドネシア法人によると、このシエンタは今年4月のインドネシアショーでデビュー。そこで好評が多く寄せられ顧客から予約が入ったそうだ。なんせ現地法人は「実用性や活動的なニーズに応えるだけでなく、オーナーのダイナミックなライフスタイルを支える」とまで言っちゃっている。すごいぜ、シエンタへの期待!!

日本仕様との具体的な差は内装にもあるようだ。決定的に違うのがリアシート前のエアコン吹き出し口。こいつは暑いインドネシアならではの装備で、とにかく東南アジアはエアコンをガンガンに効かせるのが伝統芸能ともいえるくらいエアコン好き。エアコンが強く効けば効くほどナイスなのだ。また日本仕様はインパネシフトだが、インドネシア仕様はフロアシフトになっている。これも汎用性に富むフロアシフトを採用したようだ。

気になるのはお値段。ちなみに日本では167万9709円からの価格展開だ。インドネシアの廉価グレードは2億3000万ルピア。8月16日のレートで約226万円。「そこまで日本と変わらないな~」と思うのは早計。

インドネシアは平均月収が2万円に満たないと言われているから、シエンタを買うのに約110カ月分のお給料が必要になる。日本で月給25万円の人なら 3000万円近いスーパーカーを買うのと同じ感覚。シエンタに乗る際は、インドネシアでの羨望の眼差しを想像してみてはいかがだろうか。

phd
リアシート前の頭上にエアコン吹き出し口が備わる。後部座席にもダイレクトに冷風を送る
phe
日本仕様はインパネシフトだが東南アジア仕様はフロアシフト。整備性の差でこの選択になっている

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ