【人生を変えるクルマ】 ちっぽけな自分に気づかせてくれる「とっておきの1台」

【人生を変えるクルマ】 ちっぽけな自分に気づかせてくれる「とっておきの1台」

クルマ選びに常識は禁物だ。似合わないとか、ムリと思っている限り新しい発見には到底出会えない!


選・文:西川 淳
BestCar PLUS 2016年5月18日号


クルマで人生を変えるのは実は難しいことじゃない


人は何かに満足してしまうことで、限界を作ってしまう。世の中にはそれを超えた存在がまだまだたくさんあるというのに。

もちろん、経済的、社会的、嗜好的な境界線は人それぞれにあって、たとえば免許取り立てのフツウの学生に、「ラ フェラーリに乗ってみろ、人生変わるから」とは口が避けても言えない。

けれども、実際に乗ってみれば、自分のなかで何かしらの化学変化が起こり、モノや景色を見る目も変わって、ちっぽけな自分というよりも、小さく安住する自分に気づく。気づいたときがスタートポイントなわけだから、気づかなければ一生そのまま。死ぬときになって後悔しても、時すでに遅しだ。

というわけで、人生を変えるクルマ選びというのは、実はそう大層なことではなく、せめて還暦まではチャンスとタイミングを生かしてありとあらゆるクルマに乗っておけ、ということでしかない。選り好みをせず、決して色眼鏡をかけず、物怖じすることなく、好奇心を張り巡らせる。その姿勢を取れたというだけで、人生はきっと変わっていくことだろう。

ボクの場合、それは20代最後の年に、ありとあらゆる手を尽くして手に入れたフェラーリBBだった。大それたクルマを買ってしまったという“身の程知らず”さを、後悔したこともあった。けれどもBBを買ったことで、スーパーカーライターへの道も開けたのだ。四六時中、手に入れることだけを考えていたあの時間があったからこそ、今でもスーパーカーを一途に愛する気持ちを、持ち続けていられるのだと思っている。

 

TOYOTA/センチュリー
 新車価格:約1250万円~


最高級のサルーンといえばロールスロイスやベントレーに尽きると思っていた。まさか日本の、しかもトヨタのセンチュリーがこれほどまでによく考えられた、そして手間暇かけて造られたVIPサルーンだったとは。日本人の高級車観をこれほど巧みに表現しえたモデルは他にない。あるとすれば皇室専用車か。もちろんセンチュリーも半ばそう

 

FIAT/ヌォーヴァ500
 中古車価格:約180万円~


やれ馬力だ高級だのと、人は常に上に憧れ、上を目指し、何とか手に入れようとする。それが社会の原動力。否定はしない。いっぽうで、移動するという実用だけをシンプルに考えれば、小さなクルマで事足りる。チンクにはクルマを動かす作業の全てが詰まっていて、むやみに目移りする自分を原点に引き戻してくれる

 

Mercedes-Benz/メルセデスAMG S65クーペ
 新車価格:約2450万円~


とにかくベンツが本気でエロティークを目指すとこうなるというみごとさ! イギリスやイタリアの貴族趣味しか頭になかった高級車観が粉々に打ち砕かれた。もちろん、走りはジャーマンストイックで強烈無比。合理的な割り振りのなかに、確信犯的に淫らさを散りばめられるセンスに、ドイツ人の隠された本性を見た気がした

 

JEEP/ラングラーショート
 新車価格:約396万円~


これに乗ると、地球の果てまで行ってみたいという気持ちになる。地球の果てまでクルマで行くという発想そのものが非日常だから、そう思わせてくれるというだけで、いかに自分が常日ごろ、小さくまとまっていたかを思い知らされるというわけだ。何があっても帰ってこれそうなサバイバーツール感は、様々な可能性を教えてくれる

 

NISSAN/GT-R
 新車価格:約947万円~


“常識”というもののつまらなさを教えてくれる数少ない一台。常識は、広く一般的なものだと思われがちだけれども、その線引きはあくまでも自分にあって、それは世間の常識の必ず内側に存在してしまうということを、重くてしかも速いGT-Rは教えてくれた。乗ってもまだ信じられないというその高性能ぶりは、想像力の乏しさを実感させる

 

Chevrolet/コルベットZ06
 新車価格:約1425万円~


世界に民族スポーツカーを造り続けてきたブランドは三つしかない。ポルシェ(911)と日産(フェアレディ)、そしてシボレーだ。特にコルベットは、グローバル市場をまるで意識せず、アメリカ人にとって最良のスポーツカーであり続けてきた。しかも、この二世代の性能はグローバルレベル。孤高であることの勇気に感服してしまう

 

Alfa Romeo/4C
 新車価格:約807万円~


スポーツカーであっても、時代の要請から逃れることは難しい。高性能は高級であるから、そこには自ずと高いクルマを買う層を満足させる“常識”が働く。4Cにはそれがまるでない。一途に性能と向き合って、CFRPボディまで手に入れた。いまどき、このハードコアさは貴重。ぬるま湯的現代人のスポーツカー観に鉄槌を下す

 

HONDA/NSXタイプR
 中古車価格:約1300万円~


クルマは進化して当然。そう誰もが思っている。けれども、よくよく考えてみれば、ハンドルとタイヤは丸いままで、基本的な構成は変わらない。NSXタイプRの衝撃も、またそれによく似ていて、今乗っても十分に現役でスポーツカーとしての完成度が高い。新しいスーパーカーばかりに目を奪われていては、物事の本質を見失う

 

PAGANI/ウアイラ
 新車価格:1億3000万円~


ひとつひとつのパーツを、まるで宝石のように作り上げ、それを組み合わせることによって成立するパガーニの各モデルは、クルマとして完成をみる前から、オーナーを虜にする。その破壊力はすさまじく、多くのオーナーは次のクルマが納車される前に、その次のクルマをオーダーしてしまう。1台、最低2億円というにも関わらず

 

Mercedes-Benz/300SL
 中古車価格:時価(1億以上)


1950年代に、これだけのスポーツカーが出来上がっていたことを知ると、それ以降のクルマの進化とはいったい何だったのか、と自問するほかない。せいぜい、快適性と安全性と経済性だろうか。300SLを経験すると、今のドイツ車の凄さは当然だとわかり、どうあがいても同じ土俵での勝負は難しいという、冷徹な真実を思い知らされる

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ