関越道と首都高はつながるのか!? 幻の「早稲田JCT」にみる現状と可能性


関越道と接続する「高速練馬線」構想は実在する!!

 さて、首都高の回答で「練馬線も含む…」とあったが、練馬線とは何なのか? 国土交通省道路局に問い合わせると、

 「(練馬線は)都心から関越道につながる路線という理解で間違いありません」

 とのこと。

 実は国交省が2006年に策定した「首都圏整備計画」には「高速練馬線について調査を推進する」と明記されている。早稲田出口は当初、関越道につながる高速練馬線の分岐として設計されたもの。

 そして、国としても、その練馬線は正式に調査対象となっている路線なのだ。

気になる練馬線の現状はどうなっている?

 ならば、2006年に調査を推進するとされた練馬線計画が、いまどうなっているのかが気になるところ。首都高広報課に問い合わせると、

 「都市計画等の諸手続までには至っておらず、計画が具体的になっているものではありません」

 とのこと。通常、新しい路線を作るには、まず都市計画で「地下トンネル式で、こういうルートを通ります」といった具体的な路線計画を決める必要がある。

 つまり、都市計画を決めることが、正式な計画として動き出すための第一歩なのだ。この都市計画は、国が主導となって決める。では、国交省としては練馬線について、どう考えているのか?

 再度、道路局に問い合わると、「(練馬線について)個別に新しい動きがあるわけではない」としつつも、「首都圏のネットワークとしては検討している」との答えが返ってきた。

次ページは : 今後、練馬線計画は実現に向けて動き出すのか!?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ