圏央道 茨城県区間全線開通で何が変わる?


 2017年2月26日15時、ついに圏央道の茨城県区間がすべて開通する。この開通で圏央道の未開通区間は残り僅かとなった。

 今回の開通によっていったいどんな効果がもたされるのか?

 文:WEBベストカー編集部/写真:WEBベストカー編集部


東名から常磐道まで圏央道で直結

クリックして拡大。今回開通した区間の詳細。出典:NEXCO東日本

 今回、開通したのは上の『平面図』の圏央道の境古河(さかいこが)ICからつくば中央IC間。

 下の『全体図』の赤い部分にあたり、境古河ICから西の区間は、東名と接続する海老名JCTを越え、新湘南バイパスと接続する茅ヶ崎JCTまですでに開通している。

 つまり、今回の茨城県区間全線開通で、東名高速から常磐道までが圏央道で繋がることになったのだ。

図中赤い部分が新規開通区間。今回の開通により、東名から常磐道まで圏央道で繋がった。出典:NEXCO東日本

■ETC割引は深夜割引、休日割引も適用

 料金面では、ETC時間帯割引の「深夜割引」(0〜4時に通行)が適用され、30%の割引に。また、土日・祝日に通行した場合、「休日割引」が適用され、こちらも30%の割引となる。これは久喜白岡JCTから東の区間と同じ扱いだ。

 ちなみに、同じ圏央道でも久喜白岡JCTから茅ヶ崎JCTまでの区間は、『大都市近郊区間』となるため、休日割引は適用されず、深夜割引のみが適用されている。

次ページは : 都心を通らないルート選択肢が拡大。所要時間短縮のケースも

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ