圏央道 茨城県区間全線開通で何が変わる?


都心を通らないルート選択肢が拡大。所要時間短縮のケースも

  さて、今回の開通でどのような効果がもたらされるのか? 乗用車を利用する一般のユーザーに最も関係する効果は、

  • 1.所要時間の短縮
  • 2.都心を経由しないルート選択肢の拡大

 この2つだ。1.に関しては下の図のとおり、特に成田空港から関越道・花園ICまでの所要時間が、首都高を使って都心を経由するルートより、最大で20分短縮できると試算されている。

 これにより、成田空港から秩父・長瀞や日光・那須、富岡製糸場などの観光スポットへのアクセスが向上するというメリットもある。

成田空港の新空港ICから関越道・花園ICまでの所要時間の比較。さらに湘南方面に向かう場合でも、都心の渋滞時に、圏央道経由で渋滞を回避できるようになる。出典:NEXCO東日本

 さらに、湘南エリアから成田空港まで圏央道1本で繋がったことで、都心を経由しないルート選択の幅が広がった。

 例えば、首都高で事故や渋滞が起きた際、これまで都心経由以外に選択肢がなかったケースでも、これからは圏央道経由で迂回するルートを選べるようになる。

 また、交通全体として見ても、都心を通過するだけの車両(=通過交通)の減少、ひいては交通の分散効果も期待できる。

圏央道、残る未開通区間の今後

 今回の茨城県区間全線開通で、圏央道は東名高速から常磐道までが一気に接続された。では、現状で未開通の区間は、今後いつ開通するのか?

未開通区間は、神奈川県と千葉県内の2箇所となった。藤沢ICから釜利谷JCTのうち、藤沢IC-栄ICは『横浜湘南道路』と呼ばれ、栄IC-釜利谷JCT間は、『高速横浜環状南線』と呼称される。どちらも圏央道の一部だ。出典:NEXCO東日本

 上の図のとおり、現在未開通となっているのは、千葉県内の大栄JCTから松尾横芝IC間と、神奈川県内茅ヶ崎JCT先の藤沢ICから釜利谷JCT間のみだ。

 このうち、藤沢ICから釜利谷JCTの区間は、用地買収が難航し、当初の計画から遅れながらも2020年度に開通する予定となっている。

 いっぽう、最後の未開通区間となる千葉県内の大栄JCT-松尾横芝IC間は、現時点では「設計中」段階で、開通時期は未定となっている。

 この区間は、2014年12月に埋蔵文化材発掘調査に着手しており、今後は道路用地の買収などが進められ、実際の工事が開始されていく流れとなる。

 2020年の東京五輪を控え、残る未開通区間の今後にも注目が集まる。

写真は海老名JCT付近の東名高速。分岐を左に行くと圏央道に入る。神奈川側は、現在新湘南バイパスの終点・藤沢ICまで開通しているが、2020年度には釜利谷JCTまで接続し、横浜横須賀道路とも接続する